上杉家 武将名鑑


戦国大名「上杉謙信」(上杉家)の武将達のプロフィールを紹介しています。


上杉謙信

上杉謙信

上杉 謙信

(うえすぎ けんしん) 
上杉家大名 越後の龍

上杉家の大名。
生涯の大半を戦場で過ごした戦国最強の「越後の龍」。
信義のために兵を率い、敵味方から賞賛された武勇と人格の持ち主で、自らを「毘沙門天の化身」と称した戦国時代の軍神。
上杉謙信、および上杉家についての詳細は こちら をご覧下さい。


上杉家 武将詰所

大石綱元

大石 綱元

(おおいし つなもと) 
会津三奉行

元は「関東管領(関東を統治する幕府の役職)」である武蔵地方の名家「山内上杉家」の家臣だった。
山内上杉家が北条家との合戦に敗れ、越後の長尾家(後の上杉家)に落ち延びた際、大石綱元も上杉家の家臣となった。

その後、上杉謙信が病死した際に謙信の養子「上杉景勝」と「上杉景虎」の間で起こった跡継ぎ争い「御館の乱」で、上杉景勝を支持。
景勝が跡継ぎ争いに勝利すると重臣となり、後に上杉家が会津に移転させられてからは「会津三奉行」の一人となった。

鮎川盛長

鮎川 盛長

(あゆかわ もりなが) 
景虎派の揚北衆

「揚北衆」(あがきたしゅう)と呼ばれる越後の国人(地方領主)の一人。
越後には他にも「色部衆」や「本庄衆」、「新発田家」など、多くの国人がそれぞれの勢力を持って混在しており、微妙な状態にあった。
鮎川盛長は本庄衆の本庄繁長が上杉家と敵対した時、上杉側について本庄衆と戦うが敗北、城を攻め落とされいる。

上杉謙信が病死し、上杉景勝上杉景虎が上杉家の跡継ぎを巡って争った「御館の乱」が起こると上杉景虎を支持するが、上杉景勝についた本庄繁長にまたも敗れ、再び城を攻め落とされてしまった。
その後、新発田重家が上杉景勝に反乱を起こした際には、さすがに懲りたのか中立の立場を取ったが、今度は日和見な態度を問題視されて没落してしまった。

山浦国清

山浦 国清

(やまうら くにきよ) 
村上義清の子

戦国時代の初期に武田信玄を打ち破った村上義清の子。
「村上家」は信濃の有力な豪族(地方権力者)で、信濃に侵攻してきた武田軍と戦った、初期の信玄のライバルだ。
最終的には武田家に追い詰められて上杉家に救援を求め、村上義清は上杉家の客将となるが、その際に子の国清は越後の名家で、上杉家の親類でもあった「山浦家」を継いだ。

上杉謙信が病死し、上杉景勝上杉景虎が後継者の座を争った「御館の乱」では景勝を支持、景虎側の重臣「上杉景信」を討ち取っている。
この功績で景勝から「景」の一字を与えられ、その後は「山浦景国」に改名した。
秀吉が北条家を攻めた「小田原征伐」では上杉軍の先鋒を務めたという。

神保氏張

神保 氏張

(じんぼ うじはる) 
神保・上杉・織田・徳川を渡り歩く

「神保」は「じんぼう」とも読む。 越中(富山)に勢力を持っていた「神保家」の一族。
ただ、彼は何度も主君を変えており、神保家や上杉家にいた期間は短い。

元は能登半島の大名「畠山家」の出身で、神保家に養子に出されたが、畠山の武将に内通していたという。
神保家が上杉家に攻められると上杉家に従属し、しかし上杉家が織田家に攻められると織田家に従属するというように、各勢力を行き来する。
結果的には織田家の越中と能登の平定に貢献し、織田軍の佐々成政の配下となるが、「本能寺の変」で織田信長は死去。
佐々成政は秀吉前田利家と対立することになり、この戦いに神保氏張も参戦するが敗れ、佐々成政の死後は浪人となってしまった。

後に徳川家康に仕え、子が幕臣となり、江戸に武家屋敷を構えた。
東京の「神保町」は、この神保家の武家屋敷があった事から名付けられている。

須田満親

須田 満親

(すだ みつちか) 
幸村を預かった一向一揆のリーダー

元は信濃の国人(地方領主)であり、信濃の「一向一揆」のリーダーだったのだが、信濃に武田家が侵攻してきた時に土地を追われ、上杉家に逃れた。
その後は上杉家の武将として「川中島の戦い」などに参戦、越中侵攻軍の総指揮官に就き、本願寺・一向宗との交渉役も務めていた。

徳川家が信濃に侵攻してくると、その迎撃軍の大将に就任。
そして真田家との交渉で、のちに戦国の名将「真田幸村」として有名になる、真田昌幸の子「真田信繁」を人質として預かった。
徳川軍が真田家に攻め寄せた際には、真田家への援軍も率いている。

上杉謙信の死後、織田家の柴田勝家が越中に攻め寄せ「魚津城」を攻め落とし、直後に「本能寺の変」で撤退した際には、その魚津城を接収。
佐々成政に再び攻められると、守り切れないと判断して信濃に離脱するが、佐々成政が加賀の前田利家と敵対すると、その前田家と佐々軍を挟撃した。

山吉豊守

山吉 豊守

(やまよし とよもり) 
短命の筆頭家老

上杉謙信の側近。 主に外交官として活躍、奏者(代筆役)として外交文書の発給も行っており、北条家や越後国人衆との交渉にあたっていた。
また、合戦時の兵士や物資の動員数は、上杉家の家臣団の中でも特に多かったと言われている。
上杉謙信が越中に出陣した時は、城代として本城「春日山城」の留守を預かった。
そして33才という年で上杉家の筆頭家老に就任したのだが・・・ わずか2年後、病死してしまった。

松本景繁

松本 景繁

(まつもと かげしげ) 
沼田三人衆

越後の国人(地方領主)。戦場での武勇に優れ、「第四回・川中島の戦い」の武勲で謙信から感状(感謝状)を賜っている。
武田家や北条家との国境沿いにあった「沼田城」の城主となり、その地の守りを固めた。
他に河田重親と上野家成という武将が沼田の守りを行っており、三人まとめて「沼田三人衆」と呼ばれていた。
彼らは北条家との交渉の使者も務めている。


上杉家 中庭

上杉景虎

上杉景虎

上杉 景虎

(うえすぎ かげとら) 
相続争いに敗れた薄幸の美青年

北条氏康の七男。 元の名前は「北条氏秀」。
「関東一」と呼ばれたほどの美青年で、セリフに出てくる「氏照」とは、北条氏康の次男「北条氏照」の事である。
最初は武田家へ、その後に上杉家へと送られ、外交のための人質に使われたが、上杉謙信は彼を養子として迎え、自分の幼少期の名前である「景虎」の名を与えて可愛がったという。

しかし上杉謙信は陣中で急死。 しかも謙信は結婚しておらず、実子はいなかった。
そのため謙信の最初の養子である「上杉景勝」と、謙信に可愛がられていた「上杉景虎」の間で家督相続争い「御館の乱」が勃発、上杉家は内乱状態に陥る。
この内乱には武田家や北条家などの周辺諸国も介入し、戦火はただの内乱に収まらないほどに拡大していく。

当初は北条家や武田家などの大国をバックに付け、多くの重臣も味方に付いた景虎側が優勢だったが、北条家の積極的な支援を得られず、武田家も上杉景勝寄りの立場に変わり、重臣の多くも離反していったため、景虎は追い詰められる。
和睦の使者も惨殺され、逃げた先の城主もすでに景勝に寝返っており、孤立無援の中、景虎は26才の若さで自刃した。

上杉景勝

上杉景勝

上杉 景勝

(うえすぎ かげかつ) 
上杉謙信の後継者

上杉謙信の最初の養子。 上杉謙信は生涯妻を持たなかったので、当然子供もいない。
景勝は上杉家の親族に嫁いだ、謙信の姉の子だった。

上杉謙信が急死すると、景勝は上杉家の跡継ぎを宣言して、同じ跡継ぎ候補である上杉景虎と「御館の乱」で争った。
当初は北条家や武田家をバックに付け、多くの重臣も味方した景虎が優勢だったが、開戦当初に押さえた金蔵の資金を使い、婚姻関係を結ぶことも約束して武田家と和睦。
さらに惜しみなく黄金をばら撒いて重臣や地元勢力を味方に付け、形勢の逆転に成功、北条家の本格的な攻撃が始まる前に上杉景虎の城を急襲して追い詰め、景虎は自害。
景勝は「御館の乱」に勝利し、上杉家を相続した。

その後「本能寺の変」で織田信長が死に、秀吉がその後を継ぐと、秀吉と石田三成、景勝と直江兼続の4人だけで「越水の会」と呼ばれる会談を行い、上杉家は秀吉に臣従。
以後は秀吉の要請に忠実に従い、小田原征伐(北条家への攻撃)や朝鮮出兵などを経て、「豊臣五大老」の一人となっている。

秀吉の死後も豊臣家に臣従し続け、豊臣家と敵対し始めた徳川家に対抗、徳川家康の要請や脅迫を突っぱね続け、石田三成の西軍と徳川家康の東軍が戦った「関ヶ原の戦い」が起こると、徳川側を救援しようとしていた東北の「最上家」「伊達家」と戦って、これを釘付けにした。
しかし関ヶ原の戦いの本戦は徳川・東軍の勝利に終わったため、上杉家は縮小されて東北の米沢に移されてしまう。
だが、その後も上杉家は大名として存続し続け、明治時代まで続く事になる。
武門の意地を通した上杉家に仕える事を家臣は誇りとし、移転により規模が縮小されても、他家に仕えようとした者はほとんどいなかったと言う。

ちなみに、家臣の前で笑ったことは生涯一度しかなかったと言われる超ハードボイルドな人だ。
・・・が、ゲーム中のセリフでは青年時代であることを強調するためか「ははっ」とか言っている。

直江兼続

上杉景勝

直江 兼続

(なおえ かねつぐ) 
家康に喧嘩を売った景勝の軍師

上杉景勝の側近であり、親友。 上杉謙信死後の上杉家を景勝と共に二人三脚で支えた名軍師。
2009年のNHKの大河ドラマ「天地人」の主人公。

謙信の死後、「御館の乱」で上杉景勝が上杉家の国主となるが、内乱後の越後を狙って織田家が越中や信濃から侵攻してきており、上杉家は窮地に立たされていた。
しかし「本能寺の変」によって織田信長が急死、その後に織田家の実権を秀吉が握ると、直江兼続は上杉家の存続のために秀吉に臣従するべきと進言、交渉を進めて羽柴(豊臣)家と上杉家を講和させる。
その後は秀吉の要請に従って数々の任務で手腕を発揮、「知勇兼備の名将」と称えられた。
後に上杉家は会津120万石に移転となるが、それとは別に兼続個人にも米沢30万石が与えられたほどに評価されている。

秀吉の死後は、急に力を着け始めた徳川家康に従わず、上杉景勝と共に軍備を進め、徳川家と対立する姿勢を取った。
そして、その事を家康に咎められると「テメーが勝手なことばっかしてたくせに人に文句言ってんじゃねーよ。武家だから軍備ぐらいするわ。やる気ならかかってこい」と喧嘩腰の返信を出して家康を挑発、それを受けて家康が出陣するとその隙に石田三成が挙兵し、結果的に「関ヶ原の戦い」の引き金を引いた。
しかし関ヶ原の戦いは徳川家康が勝利し、石田三成は処刑され、西軍は瓦解する。

その後は徳川家に謝罪して臣従し、以後は景勝と共に家康に従い、徳川家の重臣の子を養子に迎えて関係を強めるなどして、上杉家の安泰を計った。
晩年は米沢の領地経営に尽力し、その地を飛躍的に発展させたと言う。

日々学問を好み、与えられた領地も配下に与え、本人は質素な生活をしていたと言われており、天下のかぶき者「前田慶次」とも親交が厚かったという。
でっかく「」と書かれた、とても恥ずかしい立派な飾りを兜に付けていたことでも有名だ。

直江信綱

直江 信綱

(なおえ のぶつな) 
直江兼続の前の直江

元は別の家(長尾家。ただし越後には長尾家がたくさんある。上杉謙信(長尾景虎)の長尾家とは別)の出身だったが、直江家の養子に入った。
武将としての詳細はよく解っていないが、謙信死後の上杉家の跡継ぎ争い「御館の乱」では上杉景勝を支援。
しかし景勝を支援した国人衆に大きな恩賞を与えることに反対したため、国人達との会議の場で斬りかかられ、殺害されてしまった。
彼には子供がいなかったので、直江家はそのまま途絶えてしまいそうになるが、それを惜しんで上杉景勝が後を継がせたのが名臣「直江兼続」である。

高梨政頼

高梨 政頼

(たかなし まさより) 
信玄に抵抗し続けた信濃国人

高梨家は信濃の豪族(地方権力者)であり、長尾家(後の上杉家)とは昔から親交があったという。
武田家が信濃に侵攻してくると、同じ信濃の豪族である村上義清と共に戦うが敗れる。 しかし、村上義清が越後に逃れた後も信濃で戦い続けていた。
だが、そのために彼の領地の近くで「第三次・川中島の戦い」が起こると、包囲される危機に陥っている。
「第四次・川中島の戦い」では上杉軍の先陣を務めて活躍した。

ちなみに信濃には、この高梨家にいた「黒姫」という名の美しい娘が龍神に求婚される「黒姫伝説」があり、信濃の「黒姫高原」の語源にもなっている。


上杉家 奥屋敷

新発田長敦

新発田長敦

新発田 長敦

(しばた ながあつ) 
国人を取りまとめる七手組大将

新発田家は越後の国人(地方領主)で、越後北方の国人集団「揚北衆」のひとつである「佐々木党」を率いていた。
戦国時代の初期、まだ謙信が家督を継ぐ前に、長尾家(後の上杉家)に対して「上条家」という国人衆が反旗を翻したが、その際に長尾家に味方して反乱を鎮圧、さらに上条家に味方した国人衆を長尾家に従うよう説得した。
これらの功績で、長尾家(上杉家)の運営に重要な役割を果たす重臣となる。
のちに柿崎景家本庄繁長色部勝長中条藤資らと並び称される「七手組大将」の一人となった。

謙信の死後に起こった上杉家の家督争い「御館の乱」でも、安田顕元の説得に応じて上杉景勝に味方し、武田家や越後の国人衆との交渉に尽力する。
しかし十分な恩賞が与えられないまま、不遇のうちに病に倒れた。
そして新発田家は弟の「新発田重家」が継ぐのだが・・・ 今度は彼が上杉家に反旗を翻すことになる。

安田顕元

安田顕元

安田 顕元

(やすだ あきもと) 
主君と国人の板挟みに遭う悲運の人

「安田家」は祖先が中国地方の大名家「毛利家」と同じであり、「安田毛利」と呼ばれる場合もある。
同様に毛利家を祖先とする上杉家の重臣「北条高広」とは親類にあたる。

上杉景勝上杉景虎が争った「御館の乱」が起こると景勝側に協力し、「新発田長敦」や「新発田重家」を味方にするなど、説得工作に大きな功績があった。
しかし乱の鎮圧後、彼の説得に応じて共に戦った国人達にまともな恩賞が与えられず、特に新発田重家が反発。
その責任を取って自害し、ついに重家は反乱を起こすことになる。

椎名康胤

椎名康胤

椎名 康胤

(しいな やすたね) 
神保家と越中の覇権を争う

椎名家は越中(富山)の豪族であり、同じ越中の豪族だった「神保家」と、越中の覇権を巡って争いを続けたライバルである。
上杉軍に従軍したこともあるが、正確には上杉家の家臣ではない。

彼が椎名家の当主となった頃、椎名家は上杉家に従属しており、神保家とも講和していた。
だが神保家が武田家と結んで勢力を拡大しようとしたため、上杉家の支援を受けてこれを撃退、神保家を追い出し、一時は越中の大半を支配する。
しかし能登半島の「畠山家」の介入もあって、神保家が上杉家と和睦したことに不満を持ち、武田家や一向一揆からの誘いに応じて上杉家から離反。
今度は武田家を後ろ盾に、上杉家や神保家と越中を巡って争った。

結果的には、神保家は上杉家に吸収され、上杉家の猛攻を受けて椎名家は滅亡。
越中はほぼ上杉家が支配することになるが、間もなく織田家の進攻を受けることになる。

甘粕景持

甘粕景持

甘粕 景持

(あまかす かげもち) 
上杉四天王

上杉軍において、武勇の誉れ高い柿崎景家と並び称された猛将。
宇佐美定満、柿崎景家、直江景綱と共に「上杉四天王」と称され、「勇気知謀兼備」「謙信秘蔵の侍大将」と記録に記されている。

武田家との死闘を繰り広げた「第四回・川中島の戦い」にて、挟撃作戦である「啄木鳥の戦法」を見破った上杉謙信は、後方から来る部隊の足止め役に彼を任命した。
また、この戦いで上杉軍が撤退する際、しんがり役を務めており、小荷駄隊を守りながら無事に帰還を果たしている。
この時、彼の部隊の見事な動きを見た武田軍は「あの部隊には上杉謙信がいるのか?」とさえ思ったという。
第五回の川中島の戦いでも、武田軍の本陣を急襲して奮戦している。

乱世が終わると僧となり、米沢に「天正寺」というお寺を建てたという。

上条政繁

上条政繁

上条 政繁

(じょうじょう まさしげ) 
じょうじょうの奇妙な出奔

姓は「かみじょう」ではなく「じょうじょう」と読む。
元は能登半島の大名家「畠山家」の次男であり、上杉家に人質として出されてきた後、越後の名門であった「上条上杉家」を継いだ。
謙信によって上杉家の一門(親族)とされ、一門衆の第四位の地位となっている。

しかし謙信が急死し、上杉景勝が跡を継ぐと、景勝と意見が対立。
上杉家を出奔(離脱)し、苗字も「畠山」に戻している。
のちに秀吉、家康に仕え、関ヶ原の戦いにも参加。その後は大坂城にいたが、「大坂の陣」の前に豊臣家から脱出した片桐且元と共に家康の元に戻った。
徳川家康に「謙信流」の軍法を伝えたと言われており、子孫は徳川幕府の旗本となっている。

ただ、上杉家を出奔して間もなく病死したという説もあり、後年の伝記はやや不明瞭。
出奔した理由は領地の経営方針を巡る意見の相違だと言われているが、直江兼続に讒言された、反乱を起こした新発田重家の処遇について対立したという説もあり、おそらくひとつではないのだろう。

三本寺定長

三本寺定長

山本寺 定長

(さんぽんじ さだなが) 
上杉景虎の守役

読みは「さんぽんじ」と「さんぼんじ」の2つの説がある。
「関東管領」(関東地方を統治する幕府の役職)にあり、越後の守護職でもあった名門家「山内上杉家」の一族で、「直太刀の衆」と呼ばれた一門衆の一人。
各地の合戦で活躍し、「川中島の戦い」では武田軍の本陣を衝いて、「山本寺が突いて掛かれば、武田本陣も敗れて敗軍」となったと言う。
また、武田軍の「啄木鳥の戦法(挟み撃ち)」によって挟撃された謙信の部隊を救援している。

しかし謙信の死後、上杉景勝上杉景虎が家督を争った「御館の乱」で、上杉景虎の傅役(守役、後見役)であったため景虎側を支持。
そのため景虎が破れたあと、姿をくらまし、その後の消息は不明だ。

鬼小島弥太郎

鬼小島 弥太郎

(おにこじま やたろう) 
謙信の鬼

本名は「小島貞興」。「鬼小島」というのは通称だが、通称を元に、それを本名にしてしまったと言う説もある。
30人力の超怪力な筋肉野郎で、謙信のボディーガードと言われており、武田信玄の元に使者に行った時、信玄の放った猛犬に噛まれても顔色一つ変えずに用件を済まし、その後に片手で犬を絞め殺したとか、謙信を襲おうとしていた暴れ猿を散々殴って彼を見ただけで怯えるようにしたとか、馬に乗った上杉謙信を馬ごと担いで川を渡ったなど、数々の伝承を持つ。

実在を疑われた事もあったが、伝承の真偽はともかく、実在の人物であることは確かなようだ。
武田家の名将「山県昌景」からは「花も実もある勇士」と称えられたと言う。

竹俣慶綱

竹俣 慶綱

(たけのまた よしつな) 
景勝派の揚北衆

越後の国人。揚北衆のひとり。
上杉家の古くからの重臣で、川中島の戦いでは武具を失ってもなお奮戦したという。
謙信の死後、上杉景虎上杉景勝が争った「御館の乱」では景勝を支持し、国人の新発田家斎藤家との交渉にあたった。
しかし後年、越中の「魚津城」の守備に就いている時に織田家の北陸侵攻軍の猛攻を受け、城は落ち、討死する。
魚津で死んだ魚津在城十三将のひとり。

小島職鎮

小島職鎮

小島 職鎮

(こじま もとしげ) 
神保の上杉派。越中衆筆頭

越中の豪族「神保家」の重臣。 戦国時代初期に神保家は一度滅亡しているが、それを神保家の当主「神保長職」と共にお家再興させた。
のちに神保家は武田家に付くか上杉家に付くかで分裂するが、彼は神保家の家中を上杉派にまとめ上げ、武田派となった越中の豪族「椎名康胤」の椎名家や、越中の勝興寺を中心とする一向一揆と戦っている。

加賀の一向一揆の大将「杉浦玄任」が大軍を率いて進軍、越中の瑞泉寺と勝興寺もこれに呼応し、3万の軍勢で襲来して来ると、上杉家に救援を求めて防戦。
しかし、山本寺定長の援軍が到着する前に降伏してしまい、やって来た上杉軍は大被害を受けてしまった。
だがその後、一揆軍は上杉謙信に一蹴され、小島職鎮はむしろ褒美を与えられ、越中衆の筆頭として重用されている。

上杉景勝の時代に織田軍が侵攻してくると、一旦はこれに臣従するが、上杉家と裏で通じ、神保家内の武田派であり政治的な対抗者でもあった「神保長住」を監禁、そして城を奪取して上杉家の「魚津城」を攻撃している織田軍の背後を襲い、挟み撃ちにしようとするが、逆に織田家の柴田勝家に包囲されて敗れた。
その後の消息は不明。

大熊朝秀

大熊朝秀

大熊 朝秀

(おおくま ともひで) 
謙信出家騒動で家中で対立

上杉謙信の初期の側近。長尾景虎(のちの上杉謙信)の擁立に尽力した。
セリフに出てくる「公銭方」とは財政を預かる役職で、上杉家の金銭面の処理や管理を行っていた。

しかし、上杉謙信が国人衆の反乱や家臣の対立に嫌気がさして、高野山に出家しようとした騒ぎの時、大熊朝秀と本庄実乃の間で紛争が勃発。
会津の大名「蘆名家」と組んで本庄衆の所領に攻め入るが敗れ、武田家に出奔・・・ と言うか、対立する家臣により追放された。
大熊朝秀が武田家に内通し、謙信のいない間に蜂起した、という記録もあるが、単に家臣団の対立が謙信家出騒動の責任のなすり付け合いで激化しただけと思われる。

その後は武田家の家臣「山県昌景」の配下として活躍した。
彼の武田家での忠勤振りは、古参の家臣以上であったという。

水原親憲

水原親憲

水原 親憲

(すいばら ちかのり) 
逸話の多い景勝時代の重臣

元の名は「大関親憲」。 武田家と戦った「川中島の戦い」で戦功を上げた後、越後の名家「水原家」の家を継いで重臣となった。
謙信の死後、上杉景勝の代に上杉家が会津に移転させられると城主となり、関ヶ原の裏で行われた「上杉 vs 最上伊達連合」の戦いで鉄砲隊を率いて活躍している。
また、「関ヶ原の戦い」の徳川軍の勝利を、いち早く予見していたという。
後に戦国時代最後の合戦「大阪・冬の陣」で活躍し、徳川家から感状(感謝状)を与えられたが「こんな花見同然の戦で感状を貰えるとは大笑いだ」と言った話が有名だ。
このとき、感状の名前が書き間違いで「杉原」になっていたが、そのまま貰って、のちに姓を「杉原」に改めている。(読みは"すいばら"のまま)

彼は「大阪・冬の陣」で「自分の具足は古いので笑われるから」と言って、大きなハッピを着て出陣したのだが、これを見た家康は「上杉家は古風だな。 直垂を着て出陣している者がいるぞ」と言ったという。
ゲームで彼が直垂を着ているのは、ここから来ているのだろうか?

ちなみに江戸時代、彼の墓は「瘧(おこり)」という病気(マラリアだと言われている)に効くということで、少しずつ削られて持ち帰られたという。
おかげで今では、墓の本体はほとんど無くなっている。

本庄実乃

本庄実乃

本庄 実乃

(ほんじょう さねより) 
謙信出家騒動で家中で対立

越後の国人「本庄衆」の一人で、上杉謙信の初陣の際にはその補佐役を務めたと言う。
若い頃の上杉謙信の軍学の師と言われており、謙信の側近として直江景綱大熊朝秀と共に、初期の上杉家の運営の中枢を担った。

しかし上杉家の家中は大熊朝秀の一派と、本庄実乃の一派に分かれて対立。
そして謙信が「もうイヤ! 出家する!」と言い出して騒動が起こると、ついに両者の間で争乱になってしまう。
結果、本庄派に撃退された大熊朝秀は追放されてしまった。
とにかく越後という土地は、他の地域に比べて内乱やいざこざが絶えない特殊な環境にあった。


上杉家 城内

中条藤資

中条藤資

中条 藤資

(なかじょう ふじすけ) 
越後下郡の国人の筆頭

越後の国人「中条家」の出身。
まだ越後が上杉家に平定される前から戦っていた古参の将軍で、「長尾家(後の上杉家)」「本庄家」「色部家」「上条家」などの国人と、あるときは敵、ある時は味方となって戦っていた。
結果的に「長尾家(上杉家)」が越後を平定するとその配下となり、武田家と戦った「第四回・川中島の戦い」で奮戦、謙信より「血染めの感状」を賜った。
上杉家の記録には「越後下郡地域の筆頭」と記されている。

第五回の川中島の戦いでは敵本陣に切り込み、敵兵を多数を討ち取ったというが、この時すでに80才半ばだったという。
ちなみに壷の収集家だったらしく、彼の屋敷跡からは多数の焼き物が出土している。

吉江景資

吉江景資

吉江 景資

(よしえ かげすけ) 
魚津在城十三将の一人

上杉謙信に旗本として仕えた武将。 のちに越中を中心に転戦した。
謙信の死後、景勝の時代に越中の「魚津城」の守りに就くが、柴田勝家を大将とする織田家の北陸侵攻軍に攻められ、落城により戦死した。
魚津城の落城は「本能寺の変」で織田信長が討たれた翌日であり、あと数日耐えていれば・・・ というところであった。
この魚津城で死んだ上杉家の重臣は13名に及ぶ。

セリフには上杉謙信が琵琶を弾いていたという話が出ているが、もともと僧の修行をしていた謙信は琵琶の名手であり、武田信玄と戦った「川中島の戦い」の際にも琵琶を奏でて将兵の心を静めていたと言う。

河田長親

河田長親

河田 長親

(かわだ ながちか) 
美貌の金山奉行

元は越後ではなく近江(滋賀県)の人。 上杉謙信が京都を訪れた際に彼に出会って意気投合、そのまま越後へ連れて帰り、上杉家の武将となった。
「美貌と才能を認められた」と記録されている。
謙信の側近として越中の代官や外交文書の発給などを行い、上杉家の越中侵攻や一向一揆との戦いでも活躍した。
越中にあった金山の開発でも高い手腕を発揮し、「性温厚にして知略あり」と言われ、多方面で活躍している。

上杉景勝上杉景虎が後継者を争った「御館の乱」が起こると、叔父の河田重親は景虎に味方したが、河田長親は中立を保ち、のちに景勝を支持した。
ただ、この頃は謙信の死に乗じて攻め寄せてくる織田軍を越中で防いでおり、家督争いどころではなかったようだ。
織田信長からは「近江の領地を与える」という条件で誘いを受けていたが、これを断っている。
御館の乱の3年後に39才で病死。 彼の死で越中の守りは破られるが、翌年「本能寺の変」が訪れる。

本庄繁長

本庄繁長

本庄 繁長

(ほんじょう しげなが) 
反骨の鬼神

上杉軍随一の猛将であると同時に、反逆を繰り返した裏切りの将。
越後の国人「本庄衆」の出身だが、セリフにある通り、本庄家は彼が生まれた頃に叔父に城を奪われており、不遇の幼少時代を送っている。
成人してからは上杉家の各地の戦いで大きな活躍を見せるが、突如「揚北衆」と呼ばれる越後北部の国人たちを率いて謙信に謀反を起こす。
この謀反は武田家の計略によるものだと言われているが、彼自身、信義のために兵を動かす謙信に不満があったと言われている。
しかしこの謀反は謙信によって鎮圧され、許された彼は再び上杉家に仕えた。

だが後年、今度は織田家の計略によって謀反を起こす。
しかしそのすぐ後、上杉謙信が病死、上杉家では景勝景虎による家督争い「御館の乱」が発生した。
この乱で彼は上杉景勝に付き、景虎側の鮎川盛長などを打ち破って景勝の独立に大きく貢献、これによって結果的に上杉家に復帰している。
反乱を起こした新発田重家の討伐でも大きな活躍を見せた。

その後は東北の「最上家」や「伊達家」との戦いで活躍、朝鮮出兵でも戦功を上げた。
特に最上家との戦いでは3千の兵で3万の最上義光軍を撃破して勇名を轟かせ、関ヶ原の戦いの裏で行われた伊達家との戦いでも伊達政宗に大勝した。
関ヶ原の後は徳川家との講和を勧め、彼の尽力もあって上杉家は移転減封となるものの、存続を許された。
裏切りを繰り返した者の晩年は不遇な場合が多いが、彼は例外のようだ。

上杉景信

上杉 景信

(うえすぎ かげのぶ) 
「御館の乱」で倒れたNo.3

謙信の母の家柄「古志長尾家」の当主。
謙信が「上杉」に苗字を変えた時、彼も一緒に上杉に改名した。
親族の武将として一門衆・第三位の地位にあったのだが、謙信の死後に景勝景虎が上杉家の跡継ぎを巡って争った「御館の乱」で景虎を支持。
景勝側と戦いを繰り広げるも、景勝派の山浦国清に敗れて戦死した。

小笠原長時

小笠原長時

小笠原 長時

(おがさわら ながとき) 
小笠原流礼法の宗家

室町時代より続く礼儀作法「小笠原流礼法」の総領。
武家の礼法の伝達者らしく、弓馬に優れた武将であったと言うが、統率力は芳しくなかったという。
元々「小笠原家」は信濃の守護職にあり、武田信玄が信濃進攻を開始すると、村上義清など信濃の豪族(地方権力者)たちと共に武田軍に対抗していた。
しかし武田信玄の前に敗退し、上杉家に逃れた後、子の小笠原貞慶と共に、遠い親類である三好家の三好長慶を頼って京都に上がる。
この頃に将軍「足利義輝」の弓馬・礼法の師範になっていたとも伝わる。

しかし三好長慶が病死し、足利義輝も三好三人衆松永久秀によって暗殺されたため、再び上杉家に戻った。
一方、子の小笠原貞慶は京都に残り、三好三人衆と共に織田軍と戦った後、織田信長に仕えている。
上杉家に戻った小笠原長時は、謙信の死後に上杉景勝上杉景虎が後継者を争った「御館の乱」で景虎を支持したため、景勝が勝利すると越後を離れ、会津の「蘆名家」へと移った。
蘆名家では重臣として厚遇されている。

「小笠原流礼法」はセリフにある通り、武家に伝わるマナーをまとめたもので、江戸時代には幕府公式の礼法となっている。
また「小笠原諸島」は、彼のひ孫(貞頼)が発見した島だと言われている。

北条高広

北条高広

北条 高広

(きたじょう たかひろ) 
おっちょこちょいの無双の勇士

「ほうじょう」ではなく「きたじょう」と読む。
関東の北条(ほうじょう)家とは全く別の家柄であり、その祖先は中国地方の大名「毛利家」と同じである。 家紋も毛利家と同じだ。

越後でも有数の名家・国人であり、若き日の上杉謙信を国主に擁立し、戦場では先陣をきって戦った猛将で、「器量、骨幹、人倍にして無双の勇士」と称されていた。
しかし粗忽者(おっちょこちょい)、かつ「反逆の将」で、武田家や北条家の調略によって2度に渡って謀反を起こしている。
最初の謀反は上杉謙信に鎮圧され、2度目は寝返った先の北条家が上杉家と和睦したため、北条家の仲介で上杉家に戻った。
ちなみに北条家に寝返っていたとき、姓が紛らわしいからと「喜多条」と書かれていたという。北条高広自身は血筋である「毛利」を使った。

謙信の死後に上杉景勝上杉景虎が争った「御館の乱」では、景虎側について戦うが、景虎は敗北して自刃。 彼は武田家に落ち延びた。
その後は武田勝頼の取り成しで上杉家に復帰したとも、武田家の滅亡後に織田家の滝川一益の配下になったとも言われている。

村上義清

村上義清

村上 義清

(むらかみ よしきよ) 
若き日の武田信玄のライバル

上杉家と武田家が争うきっかけとなった人物。
元は信濃に大きな勢力を持っていた豪族で、武田家による信濃侵攻を何度も防ぎ、信濃最強武将と称えられた。
特に防衛戦ではめっぽう強く、武田家の重臣「板垣信方」や「甘利虎泰」が戦死した「上田原の戦い」、信玄が影武者を身代わりにして逃げるほどの危機に陥った「砥石崩れ」など、数々の戦いで活躍。若い頃の武田晴信(信玄)のライバルと言える。
しかし信濃の国人・豪族は徐々に敗戦を重ねていき、武田家の真田幸隆の謀略によって城も奪われ、ついに信濃を脱出して上杉家に救援を求めた。
これに応えた上杉謙信は信濃に軍勢を率いて進軍。
以後、5回も続く「川中島の戦い」が繰り広げられることとなる。

その後は上杉家に「客将」として所属、4回目の川中島の戦いでは信玄の副将「武田信繁」を撃破した。
しかし信濃奪還の夢を果たせぬまま、異郷の地で没している。

色部勝長

色部勝長

色部 勝長

(いろべ かつなが) 
血染めの感状を賜わった重鎮

謙信の父の代から長尾家(後の上杉家)に仕えた重鎮。
越後北部の国人「揚北衆」のひとつ「色部衆」を率い、各地の戦いで大きな武勲を挙げた。
特に「第四回・川中島の戦い」では、窮地に陥った柿崎景家の部隊の救援に向かい、武田家の赤備えの勇将「飯富虎昌」や「山県昌景」を打ち破り、戦後に謙信から「血染めの感状(感謝状)」を賜っている。
しかし後年、本庄繁長が謀反を起こした際、その城を包囲している最中に繁長の夜討ちを受け、戦死した。

直江景綱

直江景綱

直江 景綱

(なおえ かげつな) 
政治面で上杉を支えた宿老

謙信の父の代から長尾家(後の上杉家)に仕えた重臣。「直江兼続」の前の前の直江。
謙信を長尾家の当主にする活動に率先して参加しており、上杉家の政治面の中枢を担って、越後の領地経営や外交などに手腕を発揮した。
合戦でも「第四回・川中島の戦い」で小荷駄隊を率い、武田家の「武田義信」を敗走させる活躍をしている。

なお、この人は「実綱」→「政綱」→「景綱」と改名しているが、ドラマや小説では作品ごとに登場名が違い、本家の「信長の野望」シリーズでも名前がコロコロ変わっていて紛らわしい。

柿崎景家

柿崎景家

柿崎 景家

(かきざき かげいえ) 
越後に並ぶ者無き猛将

「越後七郡に並ぶものなし」と言われた上杉軍きっての猛将。
先陣切って突っ込む彼の部隊の突撃は他を圧倒する力を持ち、名を聞いただけで逃げ出す敵兵もいたという。
上杉家の初期から中期にかけての戦いで抜群の軍功を立てている。
「第四回・川中島の戦い」では先鋒となって武田信玄の本陣を攻め、壊滅寸前にまで追い込んだ。

しかし後に、尾張で馬を売ったとき、その話を聞いた織田信長が「この度はこのような名馬を送って頂き感謝する。これからもよろしく頼む」と書いた書状を宝物を添えて、彼の元へ送った。
これが元で、彼は織田家への内通を疑われるようになってしまい、その後、追い詰められて自刃してしまう。
「偽書疑心」というやつである・・・

この馬の話は創作であるという説や、彼の子の話と混同されているという説もあるが、ともあれこれが通説となっている。
「こんな謀略に簡単に乗せられるようでは先はない」と言って死んだという話や、謙信が夜な夜な無実を訴える景家の亡霊にうなされていたという噂もあったという。

斎藤朝信

斎藤朝信

斎藤 朝信

(さいとう とものぶ) 
越後の鍾馗

「越後の鍾馗(しょうき)」 の異名を持つ上杉家の名将。
「鍾馗」とは中国の故事に登場する人物で、死した後、皇帝の病魔を討ち払い、国家を守る事を誓って、神として奉られた人のことである。
早くから上杉家の重臣として活躍し、戦場での戦いぶりも素晴らしかったが、内政面でも優れた才能を持っており、謙信は落とした城の城主を必ず彼に任命し、その土地の統治を任せたと言う。
「富楼那(ふるな)の斎藤」とも呼ばれていたようで、富楼那とは徳と弁説に優れた釈迦の弟子である。

「第四回・川中島の戦い」には不参加だが、背後を襲われないよう、一向一揆を押さえるために越中に出陣していた。
謙信の死後に起こった上杉家の家督争い「御館の乱」では上杉景勝を支持し、上杉景虎を支持していた武田家との交渉にあたっている。
「本能寺の変」の後、間もなく隠居した。

長尾政景

長尾政景

長尾 政景

(ながお まさかげ) 
家出の謙信を追いかけた元ライバル

上杉家の跡継ぎ「上杉景勝」の父で、「上田長尾家」の出身。
越後には「長尾家」という名家が複数あり、そのうちの一つが越後の守護代(越後を統治する役職の次席)の「三条長尾家」で、これが後の上杉謙信(長尾景虎)の長尾家。
もう一つは「上田長尾家」という家柄で、こちらは越後の守護(越後を統治する役職の主席)の側近であり、関東管領(関東地方一帯を治める役職)の「上杉家」の任命で越後の一部を収める役割も持っていた。

この2つの「長尾家」は越後の支配を巡って争った過去があり、長尾景虎(上杉謙信)が越後の国主に擁立された際には、反対して大規模な反乱を起こしている。
しかし長尾景虎に敗れ、そして許された。

その後は謙信に忠実に仕えており、家柄もあって一門衆の筆頭の地位となっている。
謙信が大名を辞めて高野山に出家すると言い出し、家出した騒動の時には、謙信を探し回り、追いかけ、説得して、事態の収拾にあたっている。

しかし後年、上杉家の軍師「宇佐美定満」と舟遊びをしている時、船が転覆し、そのまま溺れて死んでしまった。
謀殺説もあるが、単なる事故死だったようだ。

宇佐美定満

宇佐美定満

宇佐美 定満

(うさみ さだみつ) 
溺れた謎の軍師

「越後流軍学」の祖と言われる、上杉謙信の軍師。
謙信の父の代から上杉家に仕え、若き日の謙信を軍略の面でサポートしたと言われている。
だが、彼の伝記は少なく、謙信が活躍して有名になり始めた頃にはすでに引退しているため、その智謀をうかがい知ることは難しい。
長尾政景が謀反を起こした際には、その仲裁にあたった。

後年、長尾政景と舟遊びをして酔っ払っている時、船が転覆し、そのまま政景と一緒に溺死してしまった。
たぶん世界中で「遊んでて溺れた軍師」は彼だけだろう。

近年「軍師は定満ではなく"定行"であり、しかも創作である」という説を唱えている学者もいる。
立場の割に記録が少なすぎるので、そうした別人説や創作説は昔からあるようだ。


越後、上野、越中のその他の人々

新発田 綱貞

(しばた つなさだ) 
謙信の父のライバル
新発田綱貞

越後の国人「新発田家」の、戦国時代初期の当主。
まだ謙信が誕生する前、越後の豪族「上条家」と上杉謙信の父「長尾為景」が戦った「上条の乱」の時に、国人衆を率いて長尾家(後の上杉家)と敵対して戦っていた人物。
のちに上条の乱が再発した際、子の新発田長敦が長尾家に付いて合戦と交渉の両面で活躍したため、以後、新発田家は(重家の反乱までは)上杉家の重臣となった。

神保 長職

(じんぼ ながもと) 
越中神保家当主
神保長職

「神保家」は越中(富山)の豪族(地方権力者)で、本家の「信長の野望シリーズ」では、越中の戦国大名として毎回登場している。
戦国時代の初期に上杉謙信の父「長尾為景」に敗れて一度滅亡しているが、彼はその神保家を「お家再興」させた人物だ。
神保家を復興させた彼は勢力の拡大を目指し、越中に干渉していた武田家や一向一揆を巻き込んで、ライバル豪族の「椎名家」との戦いを繰り広げるも、良いところで上杉謙信がやってきてボコられる、という展開を続けていた。

のちに能登半島の「畠山家」で内紛が起こり、当主が追放されると、神保家は上杉家と協力してこれに介入する。
以後、上杉家とは友好関係となるが、椎名家が武田&一向一揆と結び、神保家も武田&一向一揆と協力していたことがあったため、神保家は上杉派と武田派に分裂してしまう。
これは上杉家の介入と小島職鎮の尽力で、武田派が追放されて決着するが、以後はほぼ上杉家に従属する形となった。
のちに神保長職は再び上杉家と敵対しようとしたようだが、間もなく病死する。
小国の当主ながら、戦国らしい生き方の人物だったと言えるだろう。

神保 長住

(じんぼ ながすみ) 
家臣に監禁される神保武田派
神保 長住

神保家当主「神保長職」の長男。
神保家が上杉家に付くか武田家に付くかで揉めた時、武田家&一向一揆との同盟を主張したが、父の「神保長職」や重臣の「小島職鎮」は上杉家を主張して対立。
その後、神保長職の死後に小島職鎮に監禁され、神保家が上杉家に吸収されると追放されてしまった。

それからしばらく京都で浪人生活をしていたが、織田家が北陸地方に侵攻する際、その案内役として信長に召しだされる。
そして織田家の越中侵攻に従軍し、富山城の城主となって、織田派の神保家として活動するも、元家臣の小島職鎮に急襲され、またも監禁されて城まで奪われてしまい、再び追放されてしまった。

神保 長城

(じんぼ ながしろ) 
神保の傀儡当主
神保長城

神保家当主「神保長職」の次男。
長男の神保長住が外交問題で父と対立したため、長職の死後、次男の彼が神保家の跡継ぎとなった。
しかし、その頃にはすでに神保家の実権は家臣の小島職鎮が握っていたため、彼には権力はなかったようだ。

神保 長国

(じんぼ ながくに) 
神保の三男

神保家当主「神保長職」の三男。 しかし、その経歴は良く解っていない。
神保家が実質上杉家に吸収された後も、越中で反上杉派として活動していたらしい。
越中が上杉家に制圧されてからは京都に向かったようだが、その後の詳細は不明。

(平為盛)

戦国時代の人ではありません。(ゲーム「信長の野望 Online」に越中をさまよう平家の亡霊として登場するので紹介)
源平合戦の時代、越中周辺で戦っていた源氏の武将「木曽義仲」を討つため、平家の大軍を率いて越中の「倶利伽羅峠(くりから峠)」という場所に陣を構える。
しかし「牛の角に刀を付けて火を放ち、敵陣に向かって突進させ暴れさせる」という木曽義仲の奇策「火牛の計」によって大敗し、戦死した。

(葵御前)

戦国時代の人ではありません。(ゲーム「信長の野望 Online」に越中をさまよう源氏の亡霊として登場するので紹介)
源氏の名将「木曽義仲」の愛妻であり、「平家物語」のヒロインの一人。
同じ木曽義仲の妻である「巴御前」と並んで、男顔負けの武勇の持ち主だったと言う。
3人とも越中で平氏と戦い奮戦しているが、葵御前はこの地で戦死した。


徒党員として登場する武将

柿崎 晴家

(かきざき はるいえ) 
柿崎景家 徒党員 柿崎景家と混同あり

上杉家の猛将「柿崎景家」の子。
上杉家と北条家が講和した際に、北条氏康の七男「北条氏秀(上杉景虎)」が人質として上杉家に来たが、その際に交換として上杉家から北条家に人質に出された。
(上杉謙信は結婚していないため、当然子供もいない。 なので重臣の柿崎景家の子が代わりに人質になった)

帰国後は父の柿崎景家と共に転戦していたのだが、その後に織田信長に内通した疑いで謀殺されたという。
ただ、父の柿崎景家も同様に信長に内通した疑いで謀殺されたと言われていて、混同されている可能性が高く、今ひとつ経歴がはっきりしていない。
近年になって上杉家の跡継ぎ争い「御館の乱」で上杉景虎を支持したが、上杉家の居城・春日山城で謀殺されたという説が出てきている。
「御館の乱」が始まる前日に上杉景勝邸に討ち入りしたという説もあるようだ。

色部 顕長

(いろべ あきなが) 
色部勝長 徒党員 活躍するも病弱
色部顕長

上杉家の重臣「色部勝長」の長男。
謀反を起こして城に立て篭もった上杉家の重臣「本庄繁長」との戦いで、父の色部勝長が戦死してしまうが、その戦いで大きな活躍を見せた。
そのため謙信から「顕長」の名を与えられ、色部家の跡を継ぐこととなり、家臣の席順も本庄繁長より上位とされた。
しかし病弱だったため、弟の色部長実に家督を譲り、隠居した。

色部 長実

(いろべ ながざね) 
色部勝長 徒党員 北国のまれな武将
色部長実

色部勝長の子で、色部顕長の弟。「色部長真」とも言う。 病弱だった兄に代わって色部家を継いだ。
上杉謙信の死後、上杉景勝の時代に重臣の新発田重家が反乱を起こした際、本庄繁長と共にこの反乱の鎮圧戦で活躍している。
豊臣秀吉によって天下が統一された後、東北地方で起こった大規模な一揆「出羽仙北一揆」の鎮圧でも「大谷吉継」と共に活躍、秀吉から「北国路、まれに見る武将」と評された。
上杉家にご厄介になっていた「小笠原流礼法」の伝承者「小笠原貞慶」に師事し、高い礼節を身に付けた人物でもある。
朝鮮出兵に参加する途中で病に倒れ、40才で病死した。

ちなみに、出羽仙北一揆の鎮圧に赴いた際、山中で迷子になり、キジに助けられたことがあったらしく、以後、色部家ではキジが大事にされたらしい。

北条 景広

(きたじょう かげひろ) 
北条高広 徒党員 景虎派の主力だったが…
北条景広

北条高広の子。「ほうじょう」ではなく「きたじょう」と読む。 武勇に定評があり「鬼弥五郎」の異名を持った。
北条(きたじょう)家の城は関東の北条(ほうじょう)家との国境沿いにあり、対北条(ほうじょう)家との戦いで上杉家の中核となっていた。
父の北条高広が2度目の謀反の後に隠居すると、後を継いだ彼の役割はさらに大きなものとなる。

しかし数年後、上杉謙信の急死によって、上杉景勝上杉景虎の家督争い「御館の乱」が起こると、北条高広・景広親子は上杉景虎を支持。
そして北条景広は兵を率いて景虎のいる「御館」の守りを固めるが、攻め寄せてきた上杉景勝軍との戦闘で若武者に襲われ、あっけなく戦死してしまった。(暗殺説もある)
その結果、御館は陥落、上杉景虎の敗退は決定的となる。
上杉景勝は「北条景広さえ討ち取れば、景虎は如何ようにもなる」と言っていたという。

岩井 信能

(いわい のぶよし) 
村上義清 徒党員 会津三奉行
岩井信能

岩井家は元は信濃の豪族(地元権力者)で、彼の父は武田信玄の信濃進攻の際に、村上義清などの信濃の他の豪族と協力して武田家に抵抗していた人物だった。
しかし、信濃の連合軍は最終的に武田家に敗れ、彼の父は村上義清と共に越後の上杉謙信を頼る。
この時、岩井信能は謙信に預けられ、その小姓(身の回りの世話をする子供)となった。

新発田重家の反乱の際には武将としても活躍したが、行政手腕に特に秀でており、「勇武・智才・分別ある者」と評され、上杉景勝の時代に重臣となる。
会津に移されてからは「会津三奉行」 の一人となった。和歌や茶道に長じた文化人でもあったという。

島津 忠直

(しまづ ただなお) 
村上義清 徒党員 信濃豪族連合の一人
島津忠直

信濃の豪族(地元権力者)の一人で「長沼」という地域を支配していた。
九州の薩摩(鹿児島)の戦国大名「島津家」の、遠い親戚であるらしい。
武田信玄の信濃進攻の際に、村上義清を始めとする信濃の豪族と連合を組んで武田軍に抵抗したが、最後には追い詰められ、上杉謙信を頼った。
上杉家と武田家が激突した「川中島の戦い」では、村上義清と共に先陣として奮戦を見せている。

武田家が織田家に滅ぼされ、「本能寺の変」で信長も急死すると、信濃に侵攻して旧領の長沼を奪還した。
しかし、上杉家が会津に移転させられると、それに付き従って会津へと向かっている。

本庄 秀綱

(ほんじょう ひでつな) 
本庄実乃 徒党員 謙信の太刀持ち役

越後の地元勢力「揚北衆」の一部である「本庄衆」の武将。
本庄実乃の後を継いで城主となっているが、本庄実乃の子供ではないとする説もある。
上杉謙信が将軍・足利義輝に謁見するため京都に向かった際には、太刀持ち役を務めた。
後に上野の「沼田城」という城の城主を兼ね、上杉家の関東方面での戦いに参加する。

上杉謙信が急死し、上杉景勝上杉景虎の跡継ぎ争い「御館の乱」が起こると、上杉景虎に協力しようとするが、上杉景勝軍に攻められて落城寸前に脱出。
その後も転戦していたが、抗しきれないと判断して越後を出る。 その後の消息は不明だが、佐々成政に仕えたともいう。

新発田 重家

(しばた しげいえ) 
新発田長敦 徒党員 「新発田重家の乱」で独立
新発田重家

新発田家(佐々木党)を含む「揚北衆」と呼ばれる国人衆は、越後北部に大きな勢力を持っており、上杉家に従属してはいたが、反乱を起こすことも多かった。
新発田重家の兄「新発田長敦」は上杉家の家督争い「御館の乱」の際、安田顕元の説得を受けて上杉景勝に付き、そして他の国人衆が景勝に味方するよう、交渉役として活躍した。
しかし、それに応じて景勝に協力した新発田家を含む国人衆には、十分な恩賞が与えられなかった。
結果、その責任を感じた安田顕元は自害してしまい、兄の新発田長敦も間もなく病死する。さらに東北の「蘆名家」や「伊達家」の工作もあって、新発田重家は不満を持つ国人衆を率いて挙兵、新潟城を築いて独立し、上杉景勝に対して反乱を起こした。
このとき、北陸からは織田軍も侵攻してきており、上杉家は窮地にあった。

翌年の「本能寺の変」により織田軍は撤収したが、本庄繁長(本庄衆)や色部長実(色部衆)の攻撃に新発田重家は頑強に抵抗、むしろ蘆名家の後援もあって戦いを優勢に進める。
上杉景勝を危機に陥らせたり、直江兼続の陣を急襲して大被害を与えたこともあり、一時は越中の佐々成政も、新発田重家と協力して上杉家を挟撃することを考えていた。

だが、蘆名家で政変が起こって当主が殺害され、さらに伊達家と蘆名家の戦いが始まると後援を失う。
上杉景勝側の調略で味方も減っていき、兵糧も欠乏、そして上杉家が秀吉に臣従したことで、後顧の憂いがなくなった上杉景勝の大軍が新発田重家の城を包囲する。
秀吉は「降参すれば許すべし」という使者を送っていたが、突っぱねた重家は最後の宴を催して突撃し、敵陣の中で自刃した。
この「新発田重家の乱」で7年もの長きに渡り、重家は越後で独立を保ち続けた。

岩岡 織部

(いわおか おりべ) 
小笠原長時 徒党員 小笠原家の再興に貢献

信濃の守護職(信濃を治める公式の役職)にあった「小笠原家」の重臣。
小笠原家が武田家の進攻を受けて信濃を追われた後は、小笠原長時の弟である小笠原貞種に従っていた。
そして「本能寺の変」によって織田信長が急死し、織田軍が信濃から撤退すると、小笠原貞種は上杉家の支援を受けて信濃の領地の奪還に向かう。
だが、その信濃に徳川家の支援を受けた小笠原長時の長男「小笠原貞慶」が攻めてくると、彼は小笠原貞慶側に付いて、小笠原貞種を追放。
その後は小笠原貞慶の配下として、小笠原家の再興に尽力している。
後年、小笠原家の歴史を書いた書物「岩岡家記」を記し、当時の事柄を後世に伝えている。

小笠原 定政

(おがさわら さだまさ) 
小笠原長時 徒党員 信玄の弓馬師範
小笠原定政

小笠原長時の叔父(父の弟)であり、戦国時代の初期、信濃の領土を巡る抗争で活躍していた。
小笠原長時が小笠原家の当主だった頃にはすでに隠居していたが、武田家に出入りしていたようで、若い頃の武田信玄の弓馬師範になっている。
後に武田家が小笠原家に送った降伏勧告の使者となり、小笠原長時がそれを拒否して越後の上杉謙信を頼った際には、それに同行した。

小笠原 頼貞

(おがさわら よりさだ) 
小笠原長時 徒党員 放浪の小笠原一族の一人

小笠原長時の弟。 小笠原長時と共に、信濃に進攻してくる武田軍と戦いを続けた。ただ、中期の動向はよく解っていない。
小笠原一族は信濃から逃げて上杉家にご厄介になったあと、京都に行って上杉に戻って蘆名に行った「長時」、京都に行って織田と戦って信長に仕えて徳川の支援を受けた「貞慶」、京都に行って織田と戦って上杉に戻って上杉の支援を受けた「貞種」がいるのだが、頼貞が誰に同行していたのかは不明。
後期は小笠原貞慶に従って侍大将となり、信濃を転戦していたようだ。

小笠原 貞正

(おがさわら さだまさ) 
小笠原長時 徒党員

詳細は不明だが、小笠原貞慶が信濃で小笠原家をお家再興させた後、領内の内政を任された記録がある。
ただ、その数年後に病死したらしい。

小笠原 貞種

(おがさわら さだたね) 
小笠原長時 徒党員 跡を継げなかった小笠原
小笠原貞種

名を「小笠原洞雪斎」や「洞雪斎玄也」とする記録もあるようだ。小笠原長時の弟。
武田家の信濃進攻を受けて小笠原家が信濃を追われると、兄・長時、甥・貞慶と共に、上杉家を頼った後、京都に向かった。
その後、三好家に所属して織田家と戦ったようなので、小笠原貞慶と共に三好三人衆の配下として活動していたと思われる。
貞慶はその後、織田家に誘われたのだが、貞種は上杉家に戻った。
「御館の乱」での動向は不明だが、その後も上杉家に残っているということは、景虎を支持して蘆名家に逃れた兄・長時とは袂を分かったということか。

「本能寺の変」で信濃から織田家が撤退すると、小笠原貞種は上杉景勝によって小笠原家の当主に擁立され、その支援を受けて織田家に付いていた信濃の「木曽義昌」から、小笠原家の城だった深志城(現在の松本城)を奪還する。
だが、徳川家の後援を受けた甥の小笠原貞慶が信濃に進出してくると、小笠原家の旧臣の離反が相次ぎ、貞慶は城を引き渡して越後に撤収した。
長時の弟であった彼は、長時の嫡子であった貞慶よりも跡継ぎとしての支持を得られなかったようだ。
上杉家の傀儡であった彼を小笠原の旧臣が嫌ったからとも言われている。

小笠原 長継

(おがさわら ながつぐ) 
小笠原長時 徒党員 小笠原再興後に転戦

小笠原長時の弟の子。 小笠原頼貞に育てられた。
小笠原貞慶の侍大将となったようで、貞慶がお家再興したあと、信濃と甲斐を転戦している。

中条 玄蕃

(なかじょう げんぱ) 
中条藤資 徒党員 謙信の国主擁立を支援

上杉家の初期の家臣のようだが、詳細は不明。
まだ越後が混沌としていた時期に、長尾政景の軍勢を撃退したという。長尾景虎(謙信)が国主に擁立され、それを嫌った長尾政景が反乱を起こしたときと思われる。
長尾景虎(謙信)はその時、彼に感状(感謝状)と知行(領地)を与えた。

中条 景泰

(なかじょう かげやす) 
中条藤資 徒党員 鉄砲に突っ込む魚津在城十三将

上杉家の重臣「吉江景資」の子。 上杉謙信の小姓(身の回りの世話をする子供)の一人。
中条藤資の子「中条景資」には男の子がいなかったため、吉江景資の次男が中条家に婿入りして家督を継いだ。
勇猛果敢で剛勇の士だったが、一向一揆との戦いで鉄砲隊にガンガン突っ込んで行ったため、心配した上杉謙信は「危ないからやめて」と言ったが、彼は聞き入れなかった。
そのため謙信は彼を後方に下がらせ、監禁してしまった。 その顛末を説明するため、謙信が吉江景資に送った書状が今も残されている。

謙信の死後に起こった跡継ぎ争い「御館の乱」では上杉景勝を支持。
しかし、織田軍が越中に進攻してきた際に「魚津城」で防衛するも、三ヶ月の篭城戦の末に物資は枯渇、援軍も頼めない状況となり、ついに落城、彼も戦死した。
魚津で死んだ魚津在城十三将のひとり。

河田 吉久

(かわた よしひさ) 
河田長親 徒党員 景虎の救援要請を拒否

詳細は不明だが、城の留守役に名が見られるようだ。
上杉謙信が死んで跡継ぎ争い「御館の乱」が起こると、当初は上杉景虎を支持したものの、のちに景勝側に変わったらしい。
窮地に陥った上杉景虎が河田吉久と本庄繁長に救援を要請する手紙を出しているが、彼は救援を出さなかったようだ。

河田 重親

(かわた しげちか) 
河田長親 徒党員 景虎派の沼田三人衆

上杉家の重臣「河田長親」の弟。
北条家との国境付近にあった上野の城「沼田城」の守将「沼田三人衆」の一人で、上杉軍の北条家進攻に際して重要な役割を果たしていた。
また、武田家や北条家への諜報・交渉も担当している。

上杉謙信の死後に起こった跡継ぎ争い「御館の乱」では上杉景虎を支持し、北条(ほうじょう)家の上杉景虎の兄「北条氏照」が景虎支援のために出陣すると、北条(きたじょう)高広と共にこれに参加し、上杉景勝に付いた武将の城などを攻撃した。
だが、北条(ほうじょう)軍の本隊は早々に帰還してしまい、その後に上杉景勝支持となった武田軍が沼田方面に進出してきたため、城を捨てて脱出。
上杉景虎の敗退後は北条家に仕えたという。

吉江 資堅

(よしえ すけかた) 
吉江景資 徒党員 越中で活動した魚津在城十三将

越後の出身ではなく、近江(滋賀県・琵琶湖周辺)の人だという。「信景」という名もあるようだ。
上杉謙信に召しだされて家臣となったのだが、ということは同じ近江出身の「河田長親」と関係があるのだろうか?
「吉江家」の後を継いで主に越中方面で活動し、越中の「神保家」が上杉家に付くか武田家に付くかで分裂した際には、上杉家に味方させるための工作を行った。

謙信の死後に起こった跡継ぎ争い「御館の乱」では上杉景勝を支持。
その後、織田軍が越中に進攻してくると「魚津城」で防戦を繰り広げるが、柴田勝家軍の包囲で「本能寺の変」の翌日に城は落城、彼も自刃した。
魚津で死んだ魚津在城十三将のひとり。

吉江 宗信

(よしえ むねのぶ) 
吉江景資 徒党員 重鎮の魚津在城十三将

吉江景資の父。 越後の国人(地元領主)で「吉江城」の城主。
古くから上杉謙信に従っていた家臣で、合戦時には留守役を任されている事が多いようだ。 上杉家の跡継ぎ争い「御館の乱」では上杉景勝を支持している。

越中の守将の一人となり、織田家の柴田勝家軍が攻めてきた時には寝返った城を攻め落とすなどして奮戦。
しかし最終的には「魚津城」で防戦の末に討死した。 魚津で死んだ魚津在城十三将のひとり。

水原 満家

(すいばら みついえ) 
水原親憲 徒党員 景勝の身代わりに戦死

越後の水原という地を治めていた揚北衆のひとつ「水原家」の当主。
上杉景勝上杉景虎が争った上杉家の跡継ぎ争い「御館の乱」では上杉景勝を支持した。
その後、「御館の乱」の恩賞に不満を持った新発田重家が反乱を起こすと、その討伐に向かう上杉景勝の軍勢に参加するが、景勝は新発田重家の奮戦で退却することになる。
このとき、田んぼの中を行軍中に新発田軍の追撃を受け、泥で身動きが取れない上杉軍は大混乱、景勝も討死の危機に陥るが、水原満家がしんがり役を務めて奮戦。
景勝は何とか逃げ延びるが、水原満家は戦死した。
これによって水原家は断絶してしまうが、後に水原親憲が家名を継ぐ。

甘粕 長重

(あまかす ながしげ) 
甘粕景持 徒党員 ミス

「甘粕長重」とは、「甘粕景持」の旧名である。
「景持」の名は後年に上杉謙信の旧名「長尾景虎」から「景」の字を与えられ、改名したものだ。
なので、ゲーム(信長の野望 Online)の甘粕景持の徒党に甘粕長重もいるのは、本当はおかしい・・・

甘粕 景継

(あまかす かげつぐ) 
甘粕景持 徒党員 伊達最上に備えた守将
甘粕景継

「甘粕家」の親類で、甘粕景持(長重)の遠い親戚。「清長」とも言う。
武勇全般に優れた武将とされ、第四回の川中島の戦いでは甘粕景持と共に奮戦した。
上杉家が上杉景勝の代になってからは城主となり、上杉家が会津(福島東部)に移転させられると、東北地方からの敵の進攻に備えて築城などを行った。
「関ヶ原の戦い」が起こると留守中に東北地方の大名「伊達家」の攻撃を受けて城が落城してしまうが、その後は直江兼続の部隊に配属されて戦っている。
晩年「ゆえあって自害」したというが、理由は不明。

軍記物の記述であるが、景勝に冷遇されていることを知った徳川家康が迎え入れようとするも、甘粕景継は「主君の怒りは私の責任であり、罰を受けてももっともなこと。長く上杉に仕えており、今さら二君にまみえることはない」と返答する。 そして家康は「だから配下に欲しかったのだ」と悔しがったという話がある。

山本寺 孝長

(さんぼんじ たかなが) 
山本寺定長 徒党員 正解を選んだ魚津在城十三将

山本寺定長の弟で、上杉謙信の旗本。「景長」とも言う。
「川中島の戦い」を始め、越中や関東への進攻にも参加しており、各地を転戦していたようだ。
上杉家の跡継ぎ争い「御館の乱」が起こると、上杉景虎を支援した兄とはたもとを分かち、上杉景勝を支持した。
そして景虎の敗死後に兄の山本寺定長が行方をくらましたため、彼がその跡を継いでいる。

織田家の柴田勝家の軍勢が越中方面に進攻してくると、その守備のために越中の「魚津城」に派遣され、織田軍を相手に防戦を繰り広げる。
しかし信濃からも織田軍が襲来し、上杉家は兵力不足で援軍を送ることが出来ず、ついに魚津城は落城。
「どうしてもダメなら逃げろ」という景勝からの命令があったが、将兵は城を枕に全員自害した。
皮肉な事に魚津城が落城したのは、「本能寺の変」で織田信長が急死し、柴田勝家がそれを知る直前である。
魚津で死んだ魚津在城十三将のひとり。

安田 長秀

(やすだ ながひで) 
安田顕元 徒党員 揚北衆の蘆名の押さえ役
安田長秀

上杉謙信の父の時代から上杉家(長尾家)に仕えていた古参の武将。揚北衆の一人。
謙信の側近として各地の戦いで功績を挙げ、特に「第四回 川中島の戦い」では大きな活躍を見せて「血染めの感状」を与えられた。
上杉家の跡継ぎ争い「御館の乱」では上杉景勝を支持、その際に景虎を支援しようとした会津の蘆名家と戦っている。
その後に起こった新発田重家の反乱の鎮圧戦の最中、陣中で病死した。
生涯現役な人である。

安田 能元

(やすだ よしもと) 
安田顕元 徒党員 不満に耐えた会津三奉行
安田能元

「御館の乱」の恩賞問題で自害した安田顕元の子。
父の安田顕元は「御館の乱」の際、国人(地方領主)に上杉景勝の味方になるよう説得を行ったが、戦後、上杉景勝は国人衆に十分な恩賞を与えなかった。
安田能元は父と共に、国人衆への城主任命など、相応しい恩賞を与えるようにと景勝に提言するが、直江信綱などの反対によって却下される。
その結果、父の安田顕元は責任を取って自害し、直江信綱も国人衆に襲われて殺害されてしまった。

安田能元はその後は上杉景勝に忠実に従っており、この件で不満を持って挙兵した「新発田重家の乱」が起きても、景勝と共に国人衆と戦っている。
内政手腕に優れていたため、上杉家が会津に移転させられると「会津三奉行」 の一人となって国政に尽力した。
後年「大阪・冬の陣」にも参陣したという。

安田 景元

(やすだ かげもと) 
安田顕元 徒党員 謙信の父の片腕
安田景元

安田顕元の父。上杉謙信の父「長尾為景」の時代から上杉家(長尾家)に仕えていた重鎮で、長尾為景が最も頼りにしていたという勇将である。
元々は安田家の人ではなく、下克上によってその家名を得たとも言われている。

戦国時代の初期、上条家と長尾家(のちの上杉家)が戦った「上条の乱」で長尾家が窮地に陥ったとき、安田衆を率いて奮戦し救援している。
長尾景虎(上杉謙信)が長尾家を継ぐと、安田家の親類である北条高広から謀反(反乱)の誘いを受けるが、彼はそれを直江景綱に報告し、景虎(謙信)から感謝された。
「川中島の戦い」の前には、すでに引退していたようだ。

椎名 長常

(しいな ながつね) 
椎名康胤 徒党員 神保のライバル、椎名家当主
椎名 長常

椎名康胤の叔父。 越中(富山)は元々は(というか名目上は)「畠山家」という大名家の支配下で、椎名家も神保家もその重臣だった。
だが、畠山家が衰退したために神保家が独立しようとして、椎名家と争うようになる。
その後、畠山家の要請を受けて上杉謙信の父「長尾為景」が出陣し、神保家を打倒。
その際に椎名家の当主が戦死したため、当主の弟だった椎名長常が後を継いだ。

しかし長尾為景の死と、神保家の当主「神保長職」のお家再興活動によって、越中は再び勢力を二分して「越中大乱」とも呼ばれる戦乱に突入する。
この戦いは長引くのだが、椎名家は上杉謙信の後援を受けて、一旦は神保家と講和した。
この頃に彼は引退し、椎名家の当主を椎名康胤に譲っている。

椎名 景直

(しいな かげなお) 
椎名康胤 徒党員 景虎派の椎名家当主
椎名 景直

椎名康胤の娘婿。 通称「小四郎」。
椎名康胤が上杉家との戦いで敗死した後、椎名家の家督を継いで、上杉家の家臣となった。
越中の城の守りに付き、織田家が北陸に進攻してくるとこれと戦うが、大敗している。

上杉謙信の急死によって起こった跡継ぎ争い「御館の乱」では上杉景虎を支持するが、景虎派が敗北したため、織田家に走った。
その後、織田家の北陸方面軍を率いる柴田勝家が椎名景直に協力を要請した記録が残されているが、以後の詳細は不明である。

小間 常光

(こま つねみつ) 
椎名康胤 徒党員 椎名の家臣
小間 常光

越中の豪族(地方権力者)「椎名家」の重臣。
外交官として活動していた記録が残されており、同じ越中の豪族である神保家や、能登半島の大名「畠山家」、また越中の寺社勢力との交渉を行っていたようだ。