雑賀衆 武将名鑑


「信長の野望 Online」の「雑賀衆」に登場する武将達のプロフィールを紹介しています。

鶴 小雀 岡 吉正 土橋 守重 湊 高秀 鈴木 重幸 蛍 新宮 行朝 堀内 氏久 堀内 氏善 藤丸 勝俊 津田 監物 岩室坊 清祐 鈴木 重兼 芝辻 清右衛門 坂井 与四郎 雑賀 孫市 雑賀 孫六 鈴木 重朝 関 掃部 的場 源四郎 三井 遊雲軒
・未所属
伊藤 重晴
渡辺 藤左衛門
下田 長門
石橋 義忠

その他の武将・人物
岩室坊 道湛
阿加井坊 順海
佐竹 義昌 汐崎 重盛 狐島 吉次 栗村 三郎 宮本 兵部 堀内 氏高 松田 源三 土橋 重隆 梅戸 実秀 浅見 貞則 河毛 清旨 大野木 秀俊 樋口 直房 三田村 国貞 久徳 義時 今村 氏直 多賀 常則 岩脇 定政

=雑賀衆 当主=
雑賀 孫市 (さいが まごいち) Lv55 大名 総大将
「近頃よ、いい女がめっきり少なくなった気がしねえか? 生きる喜びがなくなっていく気がするんだよなあ……。 また、観音さまのような女に会いたいねえ。 いい女がいたら紹介してくれよ!
……え、何? 天下の行く末はどうしたって? そんなこと、俺の悩みに比べたらたいした問題じゃねえだろう?」

雑賀衆の頭領。
紀伊半島に存在した独立共同体 「雑賀衆」 にいたと言われる伝説的人物。
戦国最強の傭兵集団を率いて 本願寺・一向宗 に味方し、時代の覇者・織田信長 の軍勢を、鉄砲を使った数々の先進的な戦術と鬼謀を用いて幾度も撃破した鉄砲の名手。
謎多き彼の正体は、実在の英雄か? それとも人々の夢なのか?
雑賀 孫市、および雑賀衆についての詳細は こちら をご覧下さい。
部隊アイテム
八咫烏二連銃  =  鉄砲。 攻撃104、耐久50。
 気合+20、器用+8、知力+4、火+2。

=雑賀衆 武将詰所 (小屋敷)=
梅戸 実秀 (うめど さねひで) Lv44 侍 敵先陣後詰
「国を治めるには、民への心配りも必要だ。 町で困っている者を見かけたら、必ず手を貸してやるのだぞ。」

「梅戸家」 は紀伊地方の国人(地元の領主)で、南近江の六角家とも関係が深かったようだ。
梅戸実秀 は 信長 が上洛を果たした 1568年、雑賀衆の一員として伊勢地方に進攻してきた織田家の軍勢と戦い、戦死したと言う。


佐竹 義昌 (さたけ よしまさ) Lv48 侍 敵後陣後詰
「勝機は己の手で掴み取るものだ。 気持ちの持ちようで、いかようにもなるぞ。」

記録には 「佐竹 伊賀守」 の名で登場する事が多い、雑賀衆の武将。
本願寺が大阪の 「石山本願寺城」 に篭城し、織田信長の軍勢と戦った 「石山合戦」 に雑賀孫市と共に参戦して、大きな活躍をしたという。
その後も雑賀衆で織田軍や豊臣軍と戦っており、豊臣秀吉の雑賀進攻によって雑賀衆・根来衆が滅亡した際にも、彼は最後まで抵抗を見せたと言う。

雑賀衆の滅亡後、彼は山中に逃れたというが、その後 紀伊半島を治めた 「浅野家」 に仕官し、紀伊の町の再興や寺院の再建に尽力している。

なお、やや余談だが、東北地方の大名家 「佐竹家」 とは何の関係もない。


伊藤 重晴 (いとう しげはる) Lv37 侍
「今は一致団結の時。 身内での争いが、最大の敵であると思え。」

伊勢地方で起こった大規模な一向一揆 「長島一向一揆」 の中心拠点となった、「長島城」 を築いた人物。
戦国時代の初期、その地にあった古城を改修して長島城とし、周辺を支配していたと言う。
その後、伊勢では 「一向宗」 が流行し、彼も本願寺と交流を持っていたのだが、後にその本願寺と仲互いしてしまい、その結果、城を乗っ取られ、伊勢から追い出されてしまったという。

信On では雑賀衆の一員となっているが・・・ 紀伊半島の有力者、という扱いなのだろうか・・・?


宮本 兵部 (みやもと ひょうぶ) Lv46 鍛冶屋 敵中陣後詰
「ふう……。 武芸を極める道のりは、まだまだ長いですな。」

雑賀衆の記録に、雑賀を代表する有力者の一人として記載されている人物。
雑賀を代表する地侍(地元の侍)だったようだ。

「雑賀党」 の一人として雑賀孫市と共に織田軍と戦ったという。


松田 源三 (まつだ げんぞう) Lv44 侍 敵先陣後詰
「今は一致団結の時。 身内での争いが、最大の敵であると思え。」

雑賀衆の記録に、雑賀を代表する有力者の一人として記載されている人物。
雑賀を代表する地侍(地元の侍)だったようだ。

織田信長が雑賀衆に大規模な攻撃を仕かけた後、雑賀衆は織田家に降伏するのだが、その降伏した雑賀の頭目として 「雑賀孫市」 「宮本兵部」 「土橋守重」 「岡吉正」 らと共に、名前が挙がっている人物の一人である。
つまり、その時点まで雑賀衆のリーダーの一人として、信長に抵抗していたのだろう。


狐島 吉次 (こじま よしつぐ) Lv48 鍛冶屋 敵後陣後詰
「最初の頃は、何かと武器ばかり新調しがちだが、大事なのはむしろ、命を守る防具のほうだぞ。」

雑賀を代表する有力者の一人であり、雑賀の海賊衆(水軍)を率いた頭目。
雑賀衆の重臣 「年寄衆」 の一人でもある。

織田家の 「九鬼水軍」 が本願寺の篭城する 「石山本願寺城」 への海上補給ルートを攻撃しに出撃した際、毛利家の 「村上水軍」 と共にこれを迎え撃ち、織田の水軍を壊滅させている。
本願寺が織田家に降伏した後も、本願寺の法主・本願寺顕如の子 「本願寺 教如」 が徹底抗戦を唱えると、これを支持して戦いの継続を訴えた。

=雑賀衆 奥屋敷=
汐崎 重盛 (しおざき しげもり) Lv48 薬師 敵後陣後詰
「戦いが長期に及ぶときは、相手の技を見切ることだ。 ……これが、なかなか難しいのだがな。」

紀伊半島には、「熊野三山」 と呼ばれる3つの神社があり、この3つの神社を巡礼することを 「熊野詣(くまのもうで)」 と言う。
この 「熊野詣」 は古代から行われていたが、平安時代に天皇家や貴族が行った事で一気に普及し、戦国時代には武士から一般庶民まで、多くの人々が巡礼を行っていた。

だが、熊野詣の山道はかなり険しいので、必ず 「先達」 と呼ばれる案内人が同行した。
この 「先達」 の上位の家柄の一つで、先達を代々務めていたのが 「汐崎(潮崎)家」 であり、汐崎重盛も先達の一人として活動をしていたと言う。
熊野詣には旅行費や宿泊費などの観光費用も伴うので、その経済力によって汐崎家は周辺に大きな勢力を持っていたようだ。

だが、その観光収入の権利を巡って熊野三山の神社の1つである 「熊野新宮」 の宮司の家柄 「堀内家」 と汐崎家が対立、抗争に発展してしまう。
その結果、汐崎重盛は奮戦の末に戦死したと言う。

なお、彼は直接 「雑賀衆」 とは関係ないのだが、「信長の野望オンライン」 の雑賀衆には、紀伊半島に存在した有力者もまとめて所属しているようだ。


渡辺 藤左衛門 (わたなべ とうざえもん) Lv37 鍛冶屋
「最初の頃は、何かと武器ばかり新調しがちだが、大事なのはむしろ、命を守る防具のほうだぞ。」

織田家と敵対した本願寺が大阪の 「石山本願寺城」 に篭城し、雑賀衆に救援を求めた際、雑賀孫市と共に本願寺の援軍に向かった雑賀の武将の一人。
「根来衆」 の鉄砲使いであったようだ。

石山本願寺城に進攻してきた織田軍と戦い、これを撃退している。
また、本願寺家や毛利家の勧誘によって織田家の重臣 「荒木村重」 が寝返った際、これを救援するために、雑賀孫市と共に兵庫(神戸)地方へも向かっている。
雑賀孫市と共に、各地を転戦していたのだろう。


藤丸 勝俊 (ふじまる かつとし) Lv47 侍 与力 後陣左翼副将
「今は一致団結の時。 身内での争いが、最大の敵であると思え。」

実際には雑賀衆の武将ではなく、加賀の一向一揆の将。
本願寺・一向宗の一員として加賀で転戦していたが、1555年(ちょうど 信On のスタート時期)、朝倉家の朝倉宗滴の進攻を受けて敗退し逃走、その後は上杉家に仕えている。

それから十数年後、越中の守将の一人となっていたが、北陸方面から上杉家に進攻してきた織田家の軍勢と抗戦し、戦いに破れ、自刃した。
「本能寺の変」 で織田信長が倒れる直前の頃の事だった。
部隊アイテム
藤丸隊の大薙刀 = 薙刀。 攻撃39、耐久56。 生命+20、腕力+3、土+1。


下田 長門 (しもだ ながと) Lv35 鍛冶屋
「ふう……。 武芸を極める道のりは、まだまだ長いですな。」

詳細不明だが・・・ 加賀の一向一揆の将らしい。
戦国時代の初期、加賀で 「加賀大小一揆」 と呼ばれる一向宗同士の内乱が発生した時、それに関連したとして本願寺から処罰されそうになる。
だが、彼の支持者も多いという理由で赦免され、逆に内乱の鎮圧を命じられたようだ。


栗村 三郎 (くりむら さぶろう) Lv46 鍛冶屋 敵中陣後詰
「ふう……。 武芸を極める道のりは、まだまだ長いですな。」

雑賀衆の記録に、雑賀を代表する有力者の一人として記載されている人物。
雑賀を代表する地侍(地元の侍)だったようだ。

織田信長が雑賀衆に大規模な攻撃を仕かけた後、雑賀衆は織田家に降伏するのだが、その降伏した雑賀の頭目として 「雑賀孫市」 「宮本兵部」 「土橋守重」 「岡吉正」 らと共に、名前が挙がっている人物の一人である。
つまり、その時点まで雑賀衆のリーダーの一人として、信長に抵抗していたのだろう。


土橋 重隆 (つちはし しげたか) Lv44 侍 敵先陣後詰
「我ら雑賀衆は今まで誰の支配も受けず、自分たちで政(まつりごと)を行ってきた……。 よそ者の支配なぞ、断じて受けるつもりはない。 独立不羈(どくりつふき)の道こそ、我らの生きていく道なのだ。」

雑賀を代表する有力者の一人で、「土橋 守重」 の父である。
「土橋家」 は雑賀衆を構成していた5つの 「郷」(地域ごとの組合・小勢力) の1つである 「雑賀郷」 の中でも、特に有力な家柄だった。
雑賀衆は1つの勢力と言うよりは、複数の小勢力の共同体であり、彼はそのうちの1つの当主だったと言える。
だが、このような状態だったため、雑賀衆は戦乱の中で分裂していく事となる。


土橋 守重 (つちはし もりしげ) Lv46 侍 目付 中陣左翼大将
「勝機は己の手で掴み取るものだ。 気持ちの持ちようで、いかようにもなるぞ。」

雑賀の有力者 「土橋家」 の当主。
雑賀衆の中では 「雑賀孫市」 と肩を並べるほどの力を持っていた。
だが雑賀孫市とは仲が悪かったようで、本願寺の援軍に向かった際も、孫市とは別行動を取っている。

雑賀衆が援軍に行った本願寺との戦いで手痛い反撃を受けた織田信長は、本願寺を倒すためにはまず雑賀を制圧する必要があると考え、大部隊を率いて雑賀衆への攻撃を行った。
これによって雑賀衆は信長に降伏するのだが、降伏後、雑賀孫市は織田家に対して穏健的な姿勢を見せるのだが、土橋守重は降伏後も織田家への徹底抗戦の構えを崩さなかった。
そこに鈴木家(雑賀孫市の一族)と土橋家の利権を巡るトラブルや、宗教的な対立も重なって、ついに内乱が勃発。
その結果、土橋守重 は 雑賀孫市 の襲撃を受け、戦死した。
この時、土橋守重 と 雑賀孫市 本人が銃撃戦をしたとも言われている。

その後、土橋守重を倒した雑賀孫市は、土橋家の残存勢力に追われて結局 雑賀にはいられなくなり、雑賀から出て行く事になる。
雑賀衆は 土橋家と、「太田家」 や 「根来衆」 と言った反雑賀孫市の立場であった勢力によって統率され、なんとか一つにまとまる事になるのだが、間もなく豊臣秀吉の侵攻により滅びに向かっていく事となる・・・

ところで余談だが・・・ 信On の土橋守重は、土橋重隆とセリフが逆になってる気がしないでもない。
部隊アイテム
反骨の火縄銃 = 鉄砲。 攻撃75、耐久?。 気合+50、耐久+1、器用+1、火+3。


堀内 氏久 (ほりうち うじひさ) Lv45 神主 侍大将 中陣右翼副将
「色々と、物騒な話も聞いておるからな。 外に出る際には、十分気をつけるのだぞ。」

紀伊半島にある3つの大社 「熊野三山」 の1つである 「熊野新宮」 の宮司の家柄 「堀内家」 の一族で、「堀内 氏善」 の子であり、「新宮 行朝」 の弟。
実際には、彼が生まれたのは戦国時代の終わり頃であり、その頃には雑賀衆はすでに滅亡していた。

「堀内家」 は 「熊野新宮」 の宮司として宗教的・経済的に大きな勢力を持っていただけでなく、紀伊半島南部に存在した 「熊野水軍」 を統率する家柄でもあり、信On では雑賀衆に含まれているが、本来は雑賀衆とは別の勢力(豪族)と言える。
だが、「堀内家」 は 豊臣・西軍 と 徳川・東軍 に分かれて争った 「関ヶ原の戦い」 で西軍に属したため、その後 徳川家に領地を没収され、改易されてしまった。
そのため、堀内氏久は徳川家が豊臣家の大阪城に攻め込んだ 「大阪の陣」 が起こると、豊臣側として大阪城に入り、徳川軍と戦う。
しかし大阪・夏の陣で大阪城は落城、豊臣家は滅亡してしまうのだが・・・

大阪城の落城間際、彼は豊臣家に嫁いでいた徳川家康の娘 「千姫」 を護衛し、城からの脱出に成功、無事に千姫を徳川の陣に引き渡した。
この功績で彼は領地を与えられ、徳川幕府の旗本に抜擢され、さらに堀内家も復興することになる。
意外な逆転人生と言えるだろう。
部隊アイテム
降魔の弓 = 弓。 攻撃18、耐久34。 器用+4、魅力+1、風+3。


堀内 氏高 (ほりうち うじたか) Lv46 神主 敵中陣後詰
「人望が厚くなれば、自然、人は集まってくるものだ。 一人ではこの乱世……生きていけぬぞ。」

紀伊半島の大社 「熊野三山」 の1つである 「熊野新宮」 の宮司 「堀内家」 の一族で、「堀内 氏善」 の兄であり、「新宮 行朝」 「堀内 氏久」 の叔父にあたる。

「熊野三山」 は 「熊野詣(くまのもうで)」 と呼ばれる巡礼の旅の目的地となる3つの神社で、自然崇拝を元とする非常に古い神社である。
「堀内家」 が宮司を務めていた 「熊野新宮」 は 「速玉大神」 という神様を奉っており、これは日本の古き神 「イザナギ」 のことで、後に仏教が伝来するとこれと融合し、「薬師如来」 として奉られるようになった。
他の2つの神社は 「熊野本宮」 と 「熊野那智」 と言う大社で、「本宮」 が 「家都美御子(スサノオ)」+「阿弥陀如来」、「那智」 が 「夫須美大神(イザナミ)」+「観音菩薩」 を奉っている。

「熊野信仰」 はこのような古代日本の神々を祭っているもので、雑賀衆の家紋になっている鳥の絵も 「八咫烏(ヤタガラス)」 と呼ばれる霊鳥であり、太陽黒点を表し、「神武天皇」 の道案内を努めたと言う3本足のカラスで、熊野信仰から来ているものだ。

なお、「熊野三山」 と 「熊野詣の参拝道」 は 2004年7月、世界遺産に登録されている。


 (つる) Lv44 侍 侍大将 先陣左翼
「雑賀には鉄砲の名人はたくさんいるわ。 でも、雑賀では、鉄砲は一人より集団で使う武器という考え方なの。 大勢の雑賀衆が戦うときは、二十五人ごとにひとりの小頭(こがしら)をつけて部隊を分けて攻撃をさせるのよ。
鉄砲は、一人一人がバラバラに撃つんじゃなくて、一斉射撃するから威力があるのよ。 雑賀では、射撃と玉込めの担当も別々にしているわ。 そのほうが早い間隔で攻撃できるからね。
もちろん一人一人の技は磨くけれど、戦を決めるのは数の力よ。 それを承知しているから雑賀衆は強いの。」

信On の雑賀衆の誇る女性武将、雑賀三姉妹の一人。
「信長の野望オンライン」 の女性武将は彼女たちだけなので、その戦力はある意味、最強と言えるだろう!
今日も彼女達の魅力で雑賀の戦力は増強されているに違いない!?

で、史実においての彼女達であるが・・・
雑賀衆の記録に、「蛍、小雀、下針、鶴首、発中、坦中、無二」 などの異名で呼ばれていた鉄砲の名手たちがいたと記されている。
信On の 「鶴」 は、この中の 「鶴首」 がモデルになっていると思われる。
これらの名前は あだ名 であり、実際にこの射撃手たちが男だったのか女だったのかは解らないが、一応、ちゃんとモデルがいる武将であり、コーエーが勝手に作った人という訳ではない。
部隊アイテム
熊野修験棒 = 杖。 攻撃28、耐久60。 生命+40、耐久+2、水+2。


小雀 (こすずめ) Lv44 侍 侍大将 先陣中翼
「ねえ。 なんであたしが小雀って呼ばれるか、知ってる? え、小雀みたいに可愛いから……? えへへ、そりゃ可愛いのは事実だけど〜。違うんだなあ、これが。 え、厚かましい? 何それ〜!
とにかく。答えは小雀が好きだからで〜す。 ぱんぱ〜ん、って撃った奴を食べるとおいしいんだから! あれ、どうしたの? なんか引いてない?」

信On の雑賀衆の誇る女性 Duo、雑賀三姉妹 の一人。
名前の読みは 「こがら」 かもしれない。
セリフから推測すると、どうやらロリロリ担当のようだ。
今日もそのロリロリなしぐさとセリフで、世の男達を次々と雑賀の下僕に変えていることだろう! あぁ、おそろしぃ!

・・・さて、史実においての彼女達であるが、彼女も 「鶴」 と同じく、雑賀衆にいたという 「蛍、小雀、下針、鶴首、発中、坦中、無二」 などの異名で呼ばれていた鉄砲の名手たちから来ている様だ。
この射手たちの実際の性別はわからないが、例え異名でも大の男を 「小雀」 と呼ぶのはおかしい気がするので、本当に女性だったのかもしれない。

なお、戦国時代に実際に女性の射撃手がいたかどうかだが・・・
織田家の重臣 「池田 恒興」 の娘 「せん」 が、女鉄砲隊を率いていたと言う記録がある。
よって戦国時代に女性の射撃手がいた事は確かであり、雑賀衆に女の鉄砲使いがいたとしても、それほどおかしい話ではない。
部隊アイテム
根来鉄砲 = 鉄砲。 攻撃65、耐久?。 器用+4、火+2、風+2。


 (ほたる) Lv45 鍛冶屋 侍大将 中陣中翼副将
「どうして私が蛍って呼ばれてるか、知ってる? 夜の射撃が得意だからなんだ。 火縄の火って、闇夜だと蛍みたいに見えるでしょ。
私、夜目がきくの。 夜なら誰にも負けない自信があるんだから。 え! 闇夜に浮かぶ蛍火を一つ一つ撃ち落とせるか、って? うーん、できるけど、やりたくないな。 蛍……見るの好きだもの。」

信On の 雑賀衆のアイドルグループ、雑賀三姉妹 の長女(?)。
「信長の野望オンライン」に登場する唯一の女鉄砲鍛冶武将である。
もちろん人気爆発中、雑賀孫市を超える最大戦力と言って過言ではない!?

史実の彼女は、鶴や小雀と同じく、雑賀衆にいたという 「蛍、小雀、下針、鶴首」 などの異名で呼ばれた射手から来ているようだ。
信On の彼女のセリフにホタルを撃つ話が出てくるが、これは実際にこの射撃手たちが行っていたと言われている夜間射撃訓練の方法である。
弾が当たると光が消えるので、射撃訓練には良かったのだろう。

信On の紀伊には、この故事を反映してか、ホタルの飛ぶ大木がある。
部隊アイテム
蛍の火縄銃 = 鉄砲。 攻撃65、耐久?。 器用+2、魅力+4、風+2。


石橋 義忠 (いしばし よしただ) Lv37 侍
「国を治めるには、民への心配りも必要だ。 町で困っている者を見かけたら、必ず手を貸してやるのだぞ。」

尾張の国人(地元の小領主)で、元は織田家に所属していたようだが、信長が今川義元を討ち果たした 「桶狭間の合戦」 の翌年、信長への反逆が発覚し、同じ尾張の国人であり、伊勢で一向宗門徒(一向宗の信者)を率いていた 「服部 友定」 を頼って伊勢に落ち延びたと言う。

その後は服部友定の 「服部党」 と共に伊勢の 「長島一向一揆」 に加担し、織田家の軍勢と戦っていたようだ。
この 「長島一向一揆」 には雑賀衆も多く援軍に向かっている。


新宮 行朝 (しんぐう ゆきとも) Lv46 神主 目付 中陣右翼大将
「近頃、奇妙な夢を見るのだ。 見たこともない巨大な城を守って戦う夢だ。 敵は……日本国中の兵がすべて集まったかと思えるほどの大軍なのだ。
訳がわからぬが……あのような舞台で、大戦(おおいくさ)ができるなら、さぞ面白いであろうなあ。」

紀伊半島の大社 「熊野三山」 の1つ 「熊野新宮」 の宮司 「堀内家」 の一族で、「堀内 氏善」 の子であり、「堀内 氏久」 の兄。
彼だけ、苗字を神社の名前である 「新宮」 に変えている。
実際には、彼が生まれたのは戦国時代の終わり頃であり、秀吉が病死する二年前にあたる。

「堀内家」 は豊臣家と徳川家が天下を二分して争った 「関ヶ原の戦い」 で西軍・豊臣側に属したため、領地を没収されて改易されてしまった。
その後、彼は紀伊半島の大名となった 「浅野家」 の配下となっていたが、徳川家が 「大阪 冬の陣・夏の陣」 で豊臣家に攻め込むと、浅野家を退去して兵と共に大阪城に入城、豊臣側として徳川軍と戦った。
さらに紀伊の農民達を扇動し、徳川側である浅野家の領内で一揆を発生させたりしたという。

だが大阪城は結局落城し、豊臣家は滅亡、彼は逃亡するが捕虜となってしまう。
しかし彼の弟 「堀内 氏久」 が大阪城から徳川家康の娘 「千姫」 を救出したため、その功績で彼は許され、後に徳川家の配下となった。
部隊アイテム
大神の剣 = 剣。 攻撃35、耐久?。 生命+30、気合+10、魅力+5、水+1。


堀内 氏善 (ほりうち うじよし) Lv48 神主 奉行 後陣左翼大将
「熊野詣(くまのもうで)とは熊野の本宮(ほんぐう)・新宮(しんぐう)・那智(なち)の三つの神社「熊野三山」に参ることだ。
熊野三山はそれぞれが浄土と見なされてきた……。 本宮は西方極楽浄土、新宮は東方極楽浄土、那智は南方補蛇落(ふだらく)浄土というわけじゃ。
わしはその中の新宮の別当(べっとう)でもあるのだ。 まあ住職のようなものだな。」

紀伊半島の大社 「熊野三山」 の1つである 「熊野新宮」 の宮司を務める家系で、信On には一家総出で登場している堀内ファミリーの当主。
「新宮 行朝」 「堀内 氏久」 の父であり、「堀内 氏高」 の弟。
信On では雑賀衆に含まれているが、「堀内家」 は 「熊野水軍」 を率いた軍事力と、「熊野新宮」 や 「熊野詣」 からくる宗教的な権威と経済力を持った、独立した勢力だった。

織田家が伊勢地方を支配するとこれに従属し、伊勢を拠点とする織田家の水軍 「九鬼水軍」 の九鬼嘉隆とも交流を持っている。
織田信長が 「本能寺の変」 で急死し、その後を継いだ豊臣秀吉が紀伊に侵攻を開始すると、当初はこれに抵抗していたが、のちに降伏。
以後は秀吉から領地を保障されてその家臣となり、秀吉が北条家を攻めた 「小田原征伐」 や、「朝鮮出兵」 などで熊野水軍を率いて功績を上げている。

だが 西軍・豊臣側 と 東軍・徳川側 で天下を二分して争った 「関ヶ原の戦い」 で九鬼嘉隆と共に西軍についたため、西軍が関ヶ原の戦いで敗れた後、堀内家は領地を没収されてしまう。
彼は 「熊野新宮」 の神職であったため一命は許されるが、九州の熊本城に預けられる身となり、その地で没した。

のちに彼の子が 「大阪の陣」 で家康の娘を救出したため堀内家は再興することになるが、それはまた後の話である。
部隊アイテム
熊野権現縁起写本 = 特殊装備。 防御3、耐久9。生命+30、魅力+6、水+3。

=雑賀衆 城前=
岩室坊 清祐 (いわむろぼう きよすけ) Lv47 侍 与力 後陣中翼副将
「今は一致団結の時。 身内での争いが、最大の敵であると思え。」

雑賀衆に近い位置にあった勢力 「根来衆」 は高野山を総本山とした 「真言宗」 の宗教勢力であり、その領地は真言宗の寺院によって治められていた。
この寺院は 「坊院」 と呼ばれ、各領地はその寺院の名から 「○○坊」 という名で呼ばれており、その土地の有力者も、その ○○坊 という名を苗字として名乗る場合があった。
つまり 「岩室坊 清祐」 は、岩室坊という土地の根来衆の一人である。

彼は織田家と敵対した本願寺が大阪の 「石山本願寺城」 に篭城し、雑賀衆に救援を求めた際、雑賀孫市と共に本願寺の援軍に向かっている。

根来衆は 「真言宗」 の仏教勢力であるため、「一向宗(浄土真宗)」 の本願寺との関係は微妙なものであり、根来衆は全体としては、本願寺には味方していない。
だが、雑賀衆と同じく、根来衆も各坊院ごとに独立して動いていたため、決して一枚岩ではなかった。
そのため岩室坊のように、雑賀衆や本願寺に積極的に味方した者も多く、雑賀・根来共に複雑な状況にあったと言える。
部隊アイテム
奮起の槍 = 槍。 攻撃41、耐久60。 生命+20、気合+30、腕力+1、土+2。


湊 高秀 (みなと たかひで) Lv45 鍛冶屋 与力 中陣左翼副将
「最初の頃は、何かと武器ばかり新調しがちだが、大事なのはむしろ、命を守る防具のほうだぞ。」

雑賀衆の有力者の一人。
また、雑賀衆の重臣である 「年寄衆」 の一人でもある。

「雑賀党」 の一人として雑賀孫市と共に織田信長の軍勢と戦うが、織田軍の大規模な進攻によって織田家に降伏した。
その後も織田軍との戦いを訴えていたようだが、織田家の後を継いだ豊臣秀吉の進攻を受けて降伏すると、その後は秀吉に従っている。
部隊アイテム
雑賀戦斧 = 斧。 攻撃32、耐久52。 生命+20、気合+10、腕力+3。

=雑賀衆 城内=
岡 吉正 (おか よしまさ) Lv44 侍 目付 先陣右翼
「○○よ。 どこかの国に南蛮風の甲冑をまとった大将はいるか?
ゆうべ見たのだ……。 万を超える軍勢を率いて、その大将が攻め寄せてくる夢を……。 俺は夢中で引き金を引いた。 が、脳天を狙った鉄砲玉はなぜかそれて太股に当たってしまった……。 あの男は誰なのだ……。」

雑賀衆の有力者の一人。
また、雑賀衆の重臣である 「年寄衆」 の一人でもある。
雑賀孫市と並び称されるほどの射撃の名手であり、雑賀衆が本願寺の援軍に行った際には雑賀孫市と共に出陣し、織田軍を相手に活躍した。

さらに、自ら本願寺攻撃の陣頭指揮を行っていた織田信長を木陰から狙撃、銃弾は信長の太ももに当たり、負傷させたという。
地元には、彼が信長を狙撃した時に隠れたと言う大木が今も残っている。

織田信長の死後は雑賀孫市と共に、豊臣秀吉に従ったようだ。
部隊アイテム
鬼撃ち銃 = 鉄砲。 攻撃75、耐久?。 気合+20、器用+5、火+2。


鈴木 重幸 (すずき しげゆき) Lv46 鍛冶屋 目付 中陣中翼大将
「ふう……。 武芸を極める道のりは、まだまだ長いですな。」

今ひとつ正体がはっきりしない人物。
雑賀衆の最有力者と言える家柄 「鈴木家」 の一族であり、鈴木家の当主 「鈴木 佐太夫」 の子と言われている人物。
とすると、雑賀孫市(鈴木重秀)とは兄弟ということになるが、実在していないという説や、彼が 「雑賀孫市」 だという説まであって、詳細は不明だ。

大阪の 「石山本願寺城」 という城に篭城した本願寺と、それを攻める織田軍の戦いの軍記物語である 「石山軍記」 では、雑賀衆の軍師役として登場し、落石の計などを駆使して織田軍を苦しめている。
しかしその後、織田信長を京都で暗殺しようとして失敗、討ち死にしたと言う。
だがこの話は、石山軍記の作り話だと言う説もあるようだ。

信On では部隊配属アイテムが 「刺客剣」 なので、石山軍記の鈴木重幸として登場していると思われる。
部隊アイテム
刺客剣 = 剣。 攻撃35、耐久47。 気合+50、腕力+2、土+3。


鈴木 重兼 (すずき しげかね) Lv48 忍者 奉行 後陣右翼大将
「小勢で大軍を打ち破らねばならぬときは……奇襲しかない。 突撃だけが、敵を破る手段とは思うな。 屋敷の警護には、重々気をつけるがよい。」

雑賀衆の有力な家柄 「鈴木家」 の当主 「鈴木 佐太夫(重意)」 の長男。
「信長の野望」 シリーズでは 「雑賀孫市」 を鈴木家の鉄砲隊長であり、鈴木佐太夫 の子である 「鈴木 重秀」 としているので、つまり彼は雑賀孫市の兄と言うことになる。
だが、彼も 「孫市」 名で呼ばれており、そのため彼も伝説の人物 「雑賀孫市」 を構成する一人であるとも言われている。

彼は鈴木家の長男ではあったが、病弱だったために、実際には合戦などでの活動は行っていない。
しかし思慮深く、交渉に優れた人で、分裂傾向にあった雑賀衆の取りまとめ役として、雑賀衆の各勢力の調整役を務めていたようだ。

雑賀衆(雑賀党)が豊臣秀吉に降伏した後は、「平井」 という場所に住んでいた事から、「平井 孫市」 の名を名乗っている。
「孫市」 の名は鈴木家で代々使われていた名だったようなので、彼は長男としてその名を名乗ったのだろう。
部隊アイテム
八咫烏の加護 = 首装備。 防御14、耐久?。
             生命+10、耐久+7、魅力+1、水+3。


坂井 与四郎 (さかい よしろう) Lv50 鍛冶屋 奉行 小荷駄隊守将
「最初の頃は、何かと武器ばかり新調しがちだが、大事なのはむしろ、命を守る防具のほうだぞ。」

雑賀孫市と共に各地を転戦していた武将の一人。
本願寺と織田家との戦いに雑賀衆の一人として参加し、活躍したようだ。

大阪の 「石山本願寺城」 に篭城していた本願寺は織田家に降伏後、城から退去したのだが、法主・本願寺顕如の子である 「本願寺 教如」 が徹底抗戦を訴えて、主戦派と共に退去命令を無視して城に立て篭もってしまった。
そのため織田信長は教如を攻め立て、結局 教如は本願寺顕如と共に紀伊の雑賀衆を頼って逃れる事になるのだが、後にさらに織田軍に攻められることになる。

雑賀孫市はこの時、本願寺顕如・教如をかばって少数の手勢と共に、織田の大軍を相手に決死の戦いを繰り広げるが、この時に雑賀孫市と共に戦っていた一人が坂井与四郎だ。
結局、この戦いは織田信長が 「本能寺の変」 で急死する事によって終結し、孫市たちは九死に一生を得ている。
部隊アイテム
総光寺縁起写本 = 特殊装備。 防御3、耐久9。 耐久力+6、知力+3、土+3。


津田 監物 (つだ けんもつ) Lv48 鍛冶屋 奉行 後陣中翼大将
「思えば縁とは不思議なものよなあ。 天文十二年のあの日、南蛮人と鉄砲を乗せた船が種子島に漂着しなかったなら……。 あるいは種子島時尭(ときたか)どのが二挺の鉄砲を買い求めなかったら、鉄砲はこの国に伝わらなかったかもしれぬ……。
いやいや違うな。経緯は変わっても鉄砲は必ず日本国に伝来したであろう。 そしてこの監物も、たとえどこであろうとも出向いて、その最初の鉄砲を必ず手に入れたはずだ。 運ではなく、おのれの力で道を切り開いてな。」

紀伊半島の独立勢力 「根来衆」 の筆頭にして、貿易航海によって諸国を巡り、本州に南蛮渡来の新兵器 「鉄砲」 をもたらした、戦国の大航海時代な人。

実は 「監物」 という名は 「津田家」 で代々使われている名前で、そのため彼の子や孫も 「津田 監物」 という呼び名だったりする。
だが一般的には、本州に鉄砲をもたらした 「津田 算長」 という人を 「津田 監物」 として紹介する場合が多い。
また、津田家は根来衆の 「杉ノ坊」 という寺院と、その支配地を本拠地としていたため、彼は 「杉ノ坊 算長」 と呼ばれる場合もある。

根来衆は高野山を中心とした仏教勢力で、2万以上の僧兵による軍隊を持ち、並の戦国大名と同クラスの力を持っていた。
津田監物はその根来衆の代表者と言える人物であり、さらに貿易航海によって土佐や南九州、さらに沖縄や中国とも取引をしていたと言う。
そのため、中国語やポルトガル語などを理解する事もでき、豊富な知識を持つかなりのインテリであったようだ。

そして戦国時代初期の 1544 年、種子島に伝来した2丁の鉄砲の1つを種子島の権力者 「種子島 時尭」 から譲りうけ、根来に持ち帰り、根来衆の刀剣鍛冶である 「芝辻 清右衛門」 に渡して、鉄砲の研究開発を命じた。
これが日本の本州に初めて伝来した 「鉄砲」 であり、後に戦国時代の合戦を一変させる元となる。
また、その鉄砲を用いた戦術を研究し、「津田流(自由斎流)」 と呼ばれる砲術を編み出して、子に伝授している。

雑賀・根来が鉄砲集団になったきっかけを作った人物と言えるだろう。
部隊アイテム
津田流軍学写本 = 特殊装備。 防御3、耐久9。
               生命+10、器用+7、知力+3、風+1。


芝辻 清右衛門 (しばつじ せいえもん) Lv47 鍛冶屋 侍大将 後陣右翼副将
「鉄砲作りで一番難しかったのは、銃筒(じゅうとう)という鋼の細長い筒を作ること。 そして、点火のからくり部分じゃった。
細長い鋼の棒の芯をどうやってくり抜くか。 その方法を知る者など、この国には一人としていなかったのだからのう。 だが玉鋼(たまはがね)を扱い慣れた刀鍛冶の技が、この難題を解決したのじゃ。
まず瓦金(かわらがね)という鉄板を作る。 次に、別に作った細長い心棒に、瓦金を巻きつけるのじゃ。 そうして何度も鍛錬して細長い筒を作り、心棒を引き抜く。 さらにその上から細長い鋼の板を螺旋状に巻きつけ鍛錬する……。 そのようにして銃筒をつくるのじゃ。
点火のからくりの仕組みは、またの機会じゃな。」

根来衆の鍛冶屋。
そして、本州で初めて鉄砲の製作を行った 「鉄砲鍛冶」 として、日本史にその名を残す人物である。

元は根来衆の刀剣鍛冶だったのだが、津田監物から日本に初めて伝来した鉄砲のうちの1つを渡され、その研究開発を依頼される。
鉄砲の研究はかなり苦労があったようだが、刀剣鍛冶の技術を応用して量産化に成功、こうして雑賀・根来衆は鉄砲集団へと変わっていった。

その後は 「堺」 の町に移住し、そこで工房を開く。
堺ではすでにポルトガルから輸入された鉄砲の取引が行われていたため、彼の鉄砲生産技術も合わさって、堺の町は鉄砲の一大生産地となった。
彼の子孫も鉄砲鍛冶の技術を受け継ぎ、江戸時代に鉄砲の製作を請け負っていた 「五鍛冶」 の一人として、その技術を伝えていったようだ。
部隊アイテム
鉄砲製法書写本 = 特殊装備。 防御3、耐久8。 器用+2、火+4、風+2。


鈴木 重朝 (すずき しげとも) Lv50 侍 中老 本陣四天王
「雑賀で一番の鉄砲上手は……。 さて、誰であろうなあ?
我らが御大将の腕前は誰もが一目置くところだが、岡吉正も相当な腕よ。 また、土橋守重の正確な射撃には、御大将でさえ舌を巻くとか。
いずれにせよ。雑賀で一番の者が、日本一の鉄砲名人であることに違いないな。」

雑賀衆の最有力者と言える家柄 「鈴木家」 の一族の1人で、鈴木家の当主 「鈴木 佐太夫(重意)」 の子と言われている人物。
「信長の野望」 シリーズで 「雑賀孫市」 とされている 「鈴木重秀」 の兄であるが、彼自身も 「孫市」 の名を名乗っており、彼が 「雑賀孫市」 であるという説も有力だ。
というか、「雑賀孫市」 の後半生の伝記は、鈴木重朝のものに間違いない。

彼は鈴木重秀と共に本願寺の援軍として織田軍と戦ったが、雑賀衆はその後、織田家の総攻撃を受けて降伏する。
織田信長が 「本能寺の変」 で急死した後、鈴木重朝は豊臣秀吉の配下となり、豊臣秀吉による 「朝鮮出兵」 が行われた際にはその出発地点となる九州の守備を担当した。
秀吉の死後も豊臣家の一員として活動、徳川家が豊臣家に敵対する姿勢を見せ始めると、「関ヶ原の戦い」 の前哨戦となった 「京都・伏見城の戦い」 で、篭城する徳川家の重臣 「鳥居元忠」 を攻め、これを討ち取る戦功を挙げる。
だが、その後に起こった 「関ヶ原の戦い」 で豊臣軍が敗れてしまったため、彼は領地を没収され、浪人となってしまった。

しかしその後、東北地方の大名 「伊達政宗」 に仕官し、雑賀流の鉄砲術を伝授、「大阪の陣」 で活躍した伊達家の 「騎馬鉄砲隊」 は、彼が 伊達家 に伝えたものだと言われている。
大阪の陣の後、彼は伊達政宗の紹介で徳川家に仕える事となり、水戸徳川藩の旗本として3千石の領地を与えられ、余生を過ごしたという。

「信長の野望」シリーズで 「雑賀孫市」 とされている 「鈴木重秀」 は、「雑賀孫一」 の名を名乗っていたようだ。
一方、鈴木重朝と、父 「鈴木佐太夫(重意)」 は、「雑賀孫市」 を名乗っている。
この辺りが、「マゴイチ」 の名が 「孫市」 と 「孫一」 の二通りある理由のようだ。

「雑賀孫市」 を考える上でポイントになるのが、いつの時点から 「雑賀孫市」 の中心となる人物が 鈴木重秀 から 鈴木重朝 に変わったかだが、雑賀衆が織田家に降伏した頃から、雑賀孫市が秀吉に仕えた頃の間なのは間違いない。
この間に、雑賀衆では内部抗争があったり、織田家の再進攻を受けたりしているが、この時の 「雑賀孫市」 が 重秀 と 重朝 のどちらなのかは解らない。

後半生の 「雑賀孫市」 を鈴木重朝とすると、その後の鈴木重秀がどうなったのかも不明だが・・・
その正体や行動がハッキリしていないからこそ、「雑賀孫市」 にはロマンがあるのだろう。
部隊アイテム
念仏刀 = 刀。 攻撃?、耐久?。 気合+80、器用+4、魅力+1、風+1。


関 掃部 (せき かもん) Lv50 鍛冶屋 中老 本陣四天王
「最初の頃は、何かと武器ばかり新調しがちだが、大事なのはむしろ、命を守る防具のほうだぞ。」

詳細は良くわからないのだが・・・
織田信長に降伏後、雑賀衆を頼って落ち伸びた本願寺の法主 「本願寺顕如」 をかばって雑賀孫市と共に織田軍と戦った雑賀武将の一人。
「信長の野望オンライン」 では、この時に雑賀孫市と共に戦ったメンバーが 「四天王」 の武将となっている。
おそらく、最後まで雑賀孫市に従っていた側近という扱いなのだろう。
部隊アイテム
雑賀鉄砲術写本 = 特殊装備。 防御?、耐久10。 器用+3、知力+8、火+3。


三井 遊雲軒 (みつい ゆううんけん) Lv50 鍛冶屋 中老 本陣四天王
「ふう……。 武芸を極める道のりは、まだまだ長いですな。」

織田家と長い交戦状態にあった本願寺だが、法主・本願寺 顕如はついに戦いの継続を断念、織田家に降伏し、篭城していた城も織田家に明け渡した。
・・・はずだったのだが、本願寺顕如の子 「本願寺 教如」 が徹底抗戦を訴えて、主戦派と共に城に立て篭もってしまう。
違約違反に怒った織田信長は城を攻め立て、本願寺教如は敗走、この一件で本願寺顕如も織田家の支配地から離れ、雑賀衆を頼って落ち延びた。

それから2年後、突然 織田家は1万五千の軍勢を率いて雑賀衆を攻撃する。
それに対する雑賀・本願寺の手勢はわずかに二百、その状況でも最後まで織田軍に激しい抵抗を見せた。
この時、雑賀孫市と共に戦ったのが、信On で重臣になっている 「三井 雲遊軒」 や 「関 掃部」、「的場 源四郎」、「坂井 与四郎」 たちだと言われている。

ただ、この織田家の2度目の雑賀進攻は、それに関する記録が少なく、実際にあったのかどうか不透明だ。
また雑賀衆はこの頃、2派に分かれた分裂状態にあり、雑賀孫市はどちらかというと親織田派で、内乱が起こった時に織田家に救援を求めたりしていたので、なぜ織田軍が進攻してきたのかは良くわからない。
しかし地元には、この戦いで雑賀孫市の身を守ったという孫市 の血付きの 「阿弥陀如来像」 や、本願寺顕如がこの戦いの際に隠れたと言うほら穴が、今も伝わっている。
部隊アイテム
三井隊狼牙棒 = 棍棒。 攻撃82、耐久86。 気合+30、腕力+8、土+3。


的場 源四郎 (まとば げんしろう) Lv50 鍛冶屋 中老 本陣四天王
「いかなる強敵であっても、挽回の可能性がある限りは戦い続けるべきだと思う……。 が、誰の目にも敗北が明らかになってまで戦いを続けるのは無謀以外のなにものでもない。 その違いをよく心得ておくことだ。」

雑賀衆きっての勇将・猛将と言われていた人物で、雑賀孫市と共に各地を転戦し、その活躍は様々な書籍に残されていると言う。
記録には、「万武不当の勇士にして正直者なり」 と記されている。

雑賀孫市と共に 「石山本願寺城」 に篭城する本願寺の救援に向かい、織田軍を撃退した。
また、落ち延びてきた本願寺の法主 「本願寺顕如」 をかばって雑賀孫市が織田の大軍と戦った際にも、孫市と共に最後まで織田軍と抗戦している。

織田信長の死後、雑賀孫市が雑賀衆を去った後も雑賀の里に残り、豊臣秀吉による雑賀進攻の際には 「佐竹 義昌」 と共に最後まで抵抗した。
しかし多勢に無勢、ついに抗しきれなくなった彼は城から脱出し、敵中突破して行方を眩ましたという。
部隊アイテム
的場決死刀 = 刀。 攻撃?、耐久?。 気合+80、腕力+3、火+3。


雑賀 孫六 (さいが まごろく) Lv50 鍛冶屋 中老 本陣軍師
「雑賀衆を味方にすれば合戦には必ず勝ち、敵に回せば必ず敗れる」
大袈裟な噂よ。 戦に「必ず」などない。 ……が、その噂ゆえ、雑賀が味方となれば兵は奮い立ち、敵となれば勝手に怯える。 大袈裟な噂も、信じる者が多ければ、真実となりえるのかもしれん。
もっとも、噂を真実とするためには、世間に雑賀衆は最強と思わせねばな。 お主も、研鑽(けんさん)努力を惜しまずに力を磨き、雑賀の名を掲げてくれ。」

雑賀孫市(鈴木重秀) の弟と言われており、鈴木孫六とも言う。
兄・雑賀孫市 と共に各地を転戦しており、特に雑賀衆が本願寺の救援に向かい織田家と戦った際には大きな活躍を見せ、織田軍を恐れさせたと言う。
また、織田家と戦う 「浅井家」 の救援に向かったと言う記録もあるようだ。

織田軍が1万五千の軍勢で2度目の雑賀進攻を行い、雑賀孫市が約二百の少数で 「本願寺 顕如」 を守りながら織田の大軍と戦った際にも、孫市と共に最後まで抗戦している。
この戦いは、いよいよ雑賀孫市が追い詰められ、本願寺顕如も最後の覚悟を決めたその日、織田信長が 「本能寺の変」 によって家臣の明智光秀の謀反により倒れたため、雑賀孫市たちは九死に一生を得た。
この時、雑賀孫六や孫市たちは喜びのあまり日の丸の扇子を持って踊りまくったと言われており、これが後に地元に伝わる 「雑賀踊り」 の発祥になったと言われている。

その後、信長の後を継いだ豊臣秀吉が雑賀に進攻してくると、雑賀孫六は当初は抵抗する姿勢を見せていたが、本願寺顕如から 「秀吉に降伏するべし」 という書状を送られたため、秀吉の軍門に降った。
以後は秀吉の配下となり、徳川幕府が開かれたあとは徳川家の親類である 「会津松平家」 に仕官、その家臣として余生を過ごしている。
部隊アイテム
鉄砲衆陣羽織 = 特殊装備。 防御?、耐久?。 生命+40、耐久+1、魅力+9。

=紀伊のその他の人々=
岩室坊 道湛
阿加井坊 順海


詳細は不明だが・・・ 名前から考えて、根来衆の一員である事は確かだろう。

紀伊半島の高野山周辺にあった勢力 「根来衆」 は約2万の僧兵集団を持つ 「真言宗」 の宗教勢力で、「坊院」 と呼ばれる寺院によって土地を治めていた。
そして、その土地の有力者はその寺院の名から 「○○坊」 や 「○○院」 という名を付けて呼ばれていた。
つまり、「岩室坊 道湛」 は 岩室坊 の有力者、「阿加井坊 順海」 は 阿加井坊 の有力者だったと思われる。

ちなみに雑賀衆の一人 「土橋 守重」 の 「土橋家」 は雑賀衆であると同時に、根来衆の 「泉識坊」 の有力者でもあった。
彼が雑賀孫市と敵対して内乱状態になったのは、この辺りも影響していたようだ。

(C)2003 KOEI Co.,Ltd. All rights reserved.
信長の野望 Online」 は 株式会社コーエー の商品です。