今川氏

今川家 と 今川義元


 

駿河、遠江(静岡県一帯)を支配下に収め、戦国時代初期に最大規模の勢力を持っていた大名が、この「今川家」です。

 

しかし当主の「今川義元」が大軍を率いていながら、少数の兵しか持っていない織田信長に敗れて戦死ししてしまったため、世間では信長の引き立て役程度にしか思われていません。
さて、今川家は本当に、ただの引き立て役だったのでしょうか・・・?


実は今川家は、将軍に何かがあって将軍家が絶えてしまうような事があった時に、その将軍職を

引き継ぐ権利を持っていた名家中の名家でした。
今川家は元々「駿河(静岡県東部)」を支配していましたが、今川義元の父「今川氏親」は、関東を支配していた 北条早雲 と同盟を結び、「遠江(静岡県中部〜西部)」に進攻して制圧、さらに三河や尾張にも勢力を伸ばそうとしました。

 

その一方で政治的にも優れており、領内の検地(田んぼや畑を調査して税金などを決める事)や、家来・役人への給与制度の改革などを当時としては非常に早い段階で徹底して行い、国を治める元となる法律「今川仮名目録」を制定するなど、運営にも尽力していました。

 

家柄がよく、軍事的にも政治的にも優れていた事こそが、今川家が戦国時代の初期に大勢力となり得た理由だったのです。
今川家も最初から大規模だった訳ではありません。


さて、今川氏親 の子供で、後の今川家の国主となる 今川義元 は、実は三男(五男という説も)で、元は家を継ぐような身分ではありませんでした。

 

そのため、幼い頃は寺に奉公に出されていたのですが、そこで出会ったのがその高僧「太原雪斎」です。

今川氏親 が死んだ後、長男の 今川氏輝 という人が国を継いでいましたが、氏輝は早くに病死してしまったため(毒殺説もあり)、今川家では家督争い(相続争い)が起ってしまいます。
この時、義元 は 太原雪斎 の指示の元、対抗者を討ち果たして国主となります。
そして 太原雪斎 は今川家の軍師として、義元の側に仕えることとなりました。

 

その後、義元 は 雪斎 の助言を得つつ、北の 武田家 と同盟を結び、東の 北条家 を攻めて撃破、さらに西の 織田家 も破って勢力を拡大、三河の 松平家(後の徳川家) を政略的に支配して三河の支配を確立。
東海地方に一大勢力を築き上げます。
さらに父譲りの政治手腕を発揮し、今川家は大きく発展、特に駿河の街は 義元 の好んだ京風文化が花開き、非常に華やかな街として繁栄しました。

 

この頃の 今川義元 は非常に優れた戦国大名であり、それは「海道一の弓取り」の異名に相応しいものでした。
決して「おじゃるでデブな信長の引き立て役」ではありません。

 

その後、太原雪斎 の活躍で今川・武田・北条の3ヶ国の間に「三国同盟」が結ばれます。
これはまさに、北・東と同盟し、軍勢を西に進め、京都を目指して天下に号令するための、大きな計画の一部であったと言えます。

 

しかし翌年、太原雪斎 は死去。

今川義元 もみやびな京風文化の駿河の街で堕落があったのか、その後はブクブクと太って馬にも乗れなくなり、移動には輿を使うようになって、京都の文化にかぶれて顔に化粧をし、京風の着物を着て武芸も行わなくなったと言われています。

 

それから5年後、ついに 今川義元 は先発2万5千、総勢4万の大軍を率い京都への上洛を開始。
その途中で 織田家 の砦を次々と陥落させ、周辺の誰からも、今川義元 が上洛を果たすだろうと思われていましたが・・・
尾張に入った「桶狭間」の地で休憩中、突然現れた 織田信長 の部隊に本陣を奇襲され、そのままあっけなく、その生涯を閉じる事になります。

 

太原雪斎 が生きていればこの今川家の悲劇はなかったと言われていますが、今川家にいたとも言われる武田家の軍師の1人「山本勘助」が、このように語っていたという話があります。

「今の今川家は太原雪斎に頼りすぎている。 彼は確かに優秀だ。 しかし彼がいなくなった時、今川家は非常に危うい状態となるかもしれない・・・」

 

今川義元 が 織田信長 に討たれた後、今川家はその子「今川氏真」が継ぐ事になります。
しかし京風の平和な駿河で育った氏真は、蹴鞠(けまり)や和歌は得意でしたが、戦国時代を生き抜く才能は全くありませんでした・・・

 

三河では 徳川家康 が独立、その進攻を受けてどんどん領地は奪われていき、さらに調略(引き抜き工作)を受け家臣や地方の有力者が離反しまくり、国はどんどん弱体化。

「遠州錯乱」と呼ばれる内戦状態に陥ってしまいます。

 

さらに 武田家 にも進攻され、何とか武田家を妨害しようと「塩止め(塩の輸出禁止措置)」をしますが、上杉家が塩止めに応じなかったので、ただの嫌がらせに終わります。
そして武田・徳川の本格的な進攻を受けると、これは敵わないと見てあっさり本拠地の駿河から逃げてしまい、さらに最後は同盟国の北条家へと逃れ、今川家はサクっと滅亡。 北条家の当主「北条氏康」を嘆かせます。
おまけにその北条家からも、後に追い出されてしまいます。

 

その後、氏真はかつての敵であった 徳川家 を頼って京都に連れて行ってもらい、そこで平和に暮らす事になります。
のち、父の仇でもある 織田信長 の前で、蹴鞠を披露したことは有名です。
その時、信長 は嘲笑したとも、嘆いたとも言われていますが・・・

 

とにかく、戦国時代初期の大大名、今川家の最後としては、あまりにもやるせない最後だった事は確かでしょう・・・

 


 

戦国時代の初期に圧倒的な勢力を持ちながら、信長によって一瞬にして倒されてしまった今川義元と今川家。

 

しかし 今川家 も 今川義元 も、決して弱かったわけではありません。 むしろ逆です。
「信長の野望 Online」の時代には、名軍師「太原 雪斎」もまだ存在しています。

 

信長を逆に打ち倒し、歴史の if を再現することは出来るのでしょうか・・・?

 


今川家 武将名鑑
今川家 武将名鑑 へ

(C)2003 KOEI Co.,Ltd. All rights reserved.
武将の顔グラフィックなどは「信長の野望 天下創世」のものです。
信長の野望 Online」は 株式会社コーエー の商品です。
家紋は「戦国武艦 戦国武将の家紋」様から使わせて頂いています。