伊賀忍

伊賀忍者 と 伊賀忍軍


NINJA」、もはや世界中のヒーローです!
アクロバチックなアクションで人知れず敵を倒す・・・ カッコイイですね!
伊賀忍」 は、そんな戦国時代の忍者の軍団 「忍軍」 の中でも、最大規模の勢力を誇った人達でしたが・・・ しかし本来の 「忍者」 と言うものは、影に生き、闇に消える者。
そのために 「忍軍」 の詳細も、後世には今ひとつ伝わっていません。
よって、謎の部分が多いのですが、ただ 「伊賀忍軍」 は確かに戦国時代にあって無視できない勢力であった事も確かです。
さて、そんな 「伊賀忍」 とは、どんな勢力だったのでしょうか・・・?


「伊賀忍」 が誕生した正確ないきさつは、やはり不明です。
ただ、ある日ポンと出来た訳ではなく、その必要性に迫られて、徐々に形作られていったものだったようです。
その経緯には様々な説がありますが、まず 「伊賀」 という土地が 京都」 に近い山岳地帯であったという、地理的な理由があるようです。
京都は長い間 日本 の中心であり、様々な権力闘争の舞台でもありました。
「伊賀」 はその京都に比較的近い位置にありますが、険しい山々に覆われ、中央の支配力もあまり行き渡っておらず、その土地の地主達が独自に統治などを行っていました。
こうした状況のため、権力を狙って潜伏する人達や、権力闘争に敗れて落ち延びた人達、彼らを援護する勢力の隠れ家などに、とても都合が良かったのです。
そしてこうした人達は、敵対勢力の情勢を知るための 「諜報術」 を必要としました。
これが、伊賀 に 「忍術」 が備わる元になったと言われています。
また、伊賀に 「山伏」 や 「修験者」 達の拠点があったのも理由の1つだと言われています。
彼らは山々で生き延びるためのサバイバル術や、杖を使った武術や兵法、そして陰陽術を元とする独自の呪術を持ち、それを伝え修行していました。
伊賀にはそんな山伏達の中心的なお寺があり、彼らの持つ特異な術が、この地方に生まれた 「忍術」 の元となったと言われています。
他にも、伊勢地方にあった呪術が伊賀忍術のルーツだという説など、様々なものがあります。
こうした理由があって、戦国時代の前には、すでにその地方に 「伊賀忍者」 「甲賀忍者」 と呼ばれる人達がすでに存在していたようです。

伊賀には当時 「伊賀上忍三家」 と呼ばれる家柄があり、彼らにより統治が行われていたようです。
「伊賀上忍三家」 は 「服部家」 「百地家」 「藤林家」 の三家であり、彼らはその地方に勢力を持っていた豪族(地元の権力者)の家柄でもありました。
元々、伊賀忍 を統治していたリーダー的な存在は 「服部家」 だったようです。
そう、あの忍者ハットリくん・・・ もとい、徳川家康の忍者として有名になっている 「服部半蔵」 の服部家ですね。
有名な 「服部半蔵(服部半蔵正成)」 の父である 「服部半蔵保長」 という人は、伊賀忍の頭領であると同時に 「足利将軍家」 にも仕えていた 伊賀忍者 でした。
つまり 伊賀忍 は将軍家にもその力を認められていた存在だったようです。
しかし 服部半蔵保長 は 「伊賀忍」 と 「足利家」 の双方から離れ(別にケンカ別れではありません)、三河の 「徳川家」 に仕えたため、以後 伊賀忍は 百地家 の当主 「百地三太夫百地丹波」 が頭領を務めたようです。
(右の画像は 信長の野望 嵐世紀 より)

「信長の野望オンライン」 でも、百地三太夫 が当主となっていますね。

もう一人の上忍である 「藤林」 という人については、ほとんど知られていません。
ただ、「知られ難き事」 が優秀な忍者の条件とするならば、彼こそが真の忍であったかもしれませんが・・・
藤林 と 百地 が同一人物であるという説も有力です。

百地 丹波(三太夫)


「伊賀忍軍」 がどんな存在だったのかは詳しくは解っていませんが、いま風に言うと 「忍者の人材派遣会社」 のようなものだったようです。
各地で戦乱が起こっている戦国時代、各勢力が他の勢力に援軍を求める事はよくありました。
伊賀には 「忍術」 が発達していましたから、伊賀に依頼される援軍には、当然 「忍者」 としての活動が求められます。
「潜入」、「諜報」、「かく乱」、などなど・・・
伊賀忍軍は依頼に応じてそれらの仕事をこなし、そして報酬を貰うと言う勢力になったようです。
ある意味 「傭兵」 的なのですが、忍者の仕事は戦うだけではなく、むしろ戦いを避けつつ行う裏工作を行うのがメインでしたから、やはり 「傭兵」 と言うよりは、「人材派遣」 というか 「仕事人」 というか、そんな感じですね。
兵を率いて戦うのは、軍勢を持っている勢力ならどこでも出来ます。
しかし、「諜報」 や 「かく乱」 などをプロのレベルでこなす事が出来るのは、そのノウハウを持ち訓練を行っている 「忍者」 だけです。
そういった意味で、自分で忍軍を持っていない勢力にとっては、彼らは非常に便利で頼れる存在だった訳です。

「忍軍」 には、非常に厳しい身分制度や規律があったと言います。
それでなくても 「歴史の裏で活動する者達」 でしたから、勝手な行動は許されません。
伊賀忍」 には 「上忍」 「中忍」 「下忍」 の3つの身分制度があり、上忍が指揮官、中忍が現場監督、下忍が平社員(?)みたいな縦社会だったようです。
そして勝手に組織から抜ける事は許されず、もし無断で脱走した者がいた場合、それは 「抜け忍」 と呼ばれ、「始末」 するために追っ手が差し向けられたようです。
戦国時代の諜報機関、今で言う 「スパイ」 でしたから、やはり厳しい組織だったようです。
なお、「伊賀忍」 と並び称される 「甲賀忍」 は、伊賀のすぐ側の 「甲賀地方」 を本拠地にしていた忍軍で、ルーツは伊賀忍と同じであり、非常に密接な関係にあったようです。
よく忍者モノのマンガや小説などで、両者がライバルとして戦ったりしていますが、実際には協力関係にあった事が多く、伊賀の上忍 「服部半蔵保長」 が徳川家の一員として今川家の城を攻める時、甲賀忍者に救援を求め、それに応じて甲賀忍者 200 人が出陣したりもしています。
ただ、甲賀 の方が 伊賀 よりも開かれた存在で、甲賀の忍びの里では外部から来た人が修行をしたり、そこで免許皆伝を受けて他の大名家に仕官したり、フリーの忍者として活動したりなど、甲賀忍軍に入る以外の道も自由に選ぶ事が出来たようです。
織田家の武将 「滝川一益」 もそんな一人で、彼は甲賀の忍びの里で修行をした後、織田家に仕官して活躍しました。
そのためか 甲賀 の方が忍軍としての活動力があったようです。
しかし 伊賀 の方が規律が厳しい分、忍者一人一人の能力が高く、強力だったと言われています。

さて、そんな 「伊賀忍」 「甲賀忍」 ですが・・・
織田信長」 の存在によって、乱世に呑まれていく事となります・・・
美濃の国の 「斉藤家」 を滅ぼし、近江の南にあった 「六角家」 を打倒し、京都を支配していた 「三好家」 を追い出して、将軍 「足利義昭」 を奉じて上洛(京都への進軍)をした 「織田信長」 は、まさに戦国時代の覇王となります。
そして権力を得た 信長 は、近畿地方の各地の勢力に高圧的な態度を取り始めます!
本来 大名家ではない 「宗教勢力・本願寺家」 や 「独立共同体・雑賀衆」 に 織田家 に従うよう命令する文書を送り、足利将軍にさえも 「勝手な事をするな」 と言った感じの要請を送りつけます。
そしてそれは、「伊賀忍」 や 「甲賀忍」 にも送られてきました。
伊賀忍 に送られたものは、「他の大名と勝手に交渉してはならない」 「勝手に仕事を請け負ってはならない」 「何か行動する時は織田家に報告せよ」 と言った内容だったようです。
しかし 伊賀忍 は織田家の部下ではありませんし、そんなものを承諾する訳にはいきません。
ただ、織田信長 としても 伊賀忍 は放置できない存在であったようです。
織田家 は自分のところで独自の忍軍 「饗談」 を持っていましたから、伊賀忍 に仕事を依頼する必要はありません。
つまり、伊賀忍織田家 の敵に回る事が多かったと言われています。
また 「甲賀忍」 も元々、織田家に滅ぼされた 「六角家」 の配下であったため、六角家 と 織田家 が戦いを始めて以降は 甲賀忍 は微妙な立場に立たされていたようです。
そして 信長 は、自分の支配地域にこうした 「仮想敵」 がいる事を無視できなかったようで、これにより 伊賀忍・甲賀忍 と 織田家 の関係は悪化していく事になります。

そして、ついに事件が起こります。 「天正伊賀の乱」 です。

織田家 と 伊賀忍 との関係が悪化し、小競り合いが繰り返されている中、織田信長 の 次男 である 「織田信雄北畠信雄」 という人が、1万の大軍を動員して伊賀に侵攻して行ったのです! (画像は 信長の野望 嵐世紀 より)

彼が伊賀に侵攻した理由には諸説ありますが、「織田信雄」 が独断で侵攻を開始したという説が有力なようです。

織田 信雄

この 「織田信雄 (その頃は 北畠家 という大名家に養子に出されていたので、北畠信雄 という名でした)」 という人は、信長の息子ではありましたが、かなり評判が悪く、ぶっちゃけて言うと 「バカ」 ともっぱら噂だった人でした。
日本に訪れていた宣教師の記録にも、「知能が劣っていた」 とおもいっきり書かれています。
しかし本人にとってみれば、信長の子でもありますし、そんな噂を何とかしたいと当然考えます。
そんな彼の領地は 「伊勢」 にあったので、敵対している 伊賀忍 とはにらみ合いが続いていました。
この伊賀侵攻は、彼が周囲を見返すための 「武勲」 を欲していたためだったと言われています。
しかし、彼の率いた1万の 織田軍 は、わずか数百の伊賀忍者によってボコボコにされてしまいます。
伊賀忍 は山岳地帯に隠れながら奇襲攻撃を行う、俗に言う 「ゲリラ戦」 によって 織田軍 を圧倒し、織田軍 は何の成果もないまま壊滅、織田信雄 もボロボロの状態で逃げ帰ります。
これが、後に 「第一次 天正 伊賀の乱」 と呼ばれる戦いです。
これを聞いた 織田信長 はもちろん大激怒!!
信雄 に 「おまえとは親子の縁を切る!」 とまで言いますが・・・ しかし約1年後、信長 は 織田家 の主力部隊を 信雄 に率いさせ、圧倒的な大軍を持って伊賀に侵攻させます!
これが 「第二次 天正 伊賀の乱」 です。
この時、ちょうどタイミングが悪かったのもありました。
第二次天正伊賀の乱 が起こった年は、「長篠の戦い」 で織田の鉄砲隊により 武田家 が壊滅し、上杉謙信 も病死し、宗教勢力・本願寺家 も 織田家 に降伏した後だったのです。
つまり 織田家 としては、ここに全戦力を投入できる状態だったのです。
再び伊賀に侵攻した 織田軍 は約5万の大軍!
一方、伊賀忍軍 は全てかき集めてもその兵は1万にも満たない数でした。
圧倒的な大軍で 伊賀の里 を包囲した織田軍は一斉に攻撃を開始、伊賀忍軍 も抵抗を見せますが、もはや多勢に無勢、各地の砦は次々と陥落し、伊賀忍軍は全壊します。
伊賀の里を制圧した 織田信雄 はまるで 信長 のように、里にいた者は女子供問わず、老若男女全て皆殺しにします。
こうして数千人が虐殺され、「伊賀忍軍」 は歴史からその姿を消しました・・・
伊賀を率いていた頭領 「百地三太夫(百地丹波)」 は里から脱出し、織田軍に抵抗しようとしたようですが、最終的には 織田信長 に降伏。
その後は紀伊半島の小勢力 「根来衆」 の元に行ったと言われていますが、詳しい消息は解りません。

一方、「甲賀忍」 はこの 「天正伊賀の乱」 の後も存続しています。
織田信長 は当初、伊賀と甲賀は両方滅ぼすつもりでいましたが、甲賀 は 伊賀 よりもオープンだったためか、織田家の家臣とも関係を持っていたようです。
また、織田家の重臣 「滝川一益」 は甲賀の里の出身です。
そのため、「滝川一益」 や 「丹羽長秀」 と言った 織田家 の重臣が必死で説得にあたり、甲賀は織田家に従属、天正伊賀の乱 でも織田側として兵を派遣しています。
つまり 天正伊賀の乱 では、伊賀 と 甲賀 は敵対していた事になります。


こうして、歴史上から姿を消した 「伊賀忍軍」 ですが・・・
伊賀の里が滅びても、全ての伊賀忍者が死に絶えたわけではありません。
各地の街や大名家に出向していた者も多くいましたし、戦いが劣勢になれば兵は逃げ出しますから、負けたからと言って兵が全滅する訳でもありません。
生き残った伊賀忍者達は、その後どうなったのかというと・・・
忍者は元々、歴史の影で動く者であるためその動向は不明瞭ですが、他の大名家に仕官したり、個人で活動を続けていた者がいた一方で、その多くは伊賀の山中に潜伏していたようです。
元々伊賀は潜伏に適しているからこそ、忍びの術が発達した地域。
彼らも機会を伺って伊賀の山中に潜んだようです。
そして彼らが再び活動を開始する機会は、ほどなく訪れました。
本能寺の変」 です。

織田信長の家臣 「明智光秀」 が突如反逆、京都の本能寺で 織田信長 を打ち倒します!
織田家はもちろん大混乱、この混乱に乗じ、潜伏していた伊賀忍の生き残りも一斉に蜂起します!
伊賀にいた 織田家 の守備軍を攻め、再び自治を取り戻そうと戦いを開始、この戦いは 「第三次 天正伊賀の乱」 とも呼ばれています。
こうして、伊賀は再び戦乱に突入するのですが・・・

京都・本能寺

その一方で、「本能寺の変」 では伊賀忍者にとってもう1つ大きな出来事がありました。
徳川家康 の 「伊賀越え です。
本能寺の変 の際、徳川家康 も京都に招待されており、当日は大阪・堺の街に家臣と共に観光に出かけていました。
そこに信長急死の報が告げられ、明智光秀の追っ手も迫り、兵を率いていなかった家康は孤立無援の状態で窮地に陥ります。
この時、家康 は伊賀の山地を抜けて 本拠地・三河 への脱出を計りますが、彼のお供の一人が 伊賀の 「上忍三家」 である 「服部家」 の末裔、「服部半蔵正成」 でした。
服部半蔵 はすぐに伊賀の山地に潜伏する 伊賀・甲賀 の忍者達に救援を要請します。
これに応じて集まった忍者は 300 余名と言われ、その力を借りて脱出ルートを確保した 家康 は、光秀の追っ手や土民の襲撃を交わし、無事に三河への脱出に成功します。
この一件以来、家康 は 服部半蔵 を忍軍の頭領に任命し、積極的に忍者を雇うようになりました。
そして多くの 伊賀・甲賀忍者 が、服部半蔵を通じて徳川家に仕官していきます。
忍者は戦国の世にこそ活躍する者達でしたから、豊臣秀吉 によって天下が治められるようになると、徐々に活躍の場を失い、仕事がなくなっていきました。
そんな忍者にとって、徳川家康 と 服部半蔵 は渡りに船の存在だったようですね。

その後、伊賀忍者達がどのような活躍をしていたのか・・・ それは知る由もありません。
なぜなら忍者は影の存在。 彼らの活躍は後世には伝えられないからです。
ただ、おそらく、徳川家康が天下を取るにあたって、大きな役割を果たしていた事でしょう。
伊賀で起こっていた内乱は、豊臣秀吉によって 「太平の世」 を迎えると徐々に収束して行き、結局戦っていた者達も自分の村に戻っていったようです。
徳川家 に仕えた伊賀忍者達は、徳川幕府 が開かれた後は 「伊賀同心」 と呼ばれ、忍びの技術を持つ侍として、その後も警護や護衛などの職務を務めました。
ただ、平和な世の中に 「忍術」 は不要なもの。
戦国時代に勢力を誇った 伊賀忍・甲賀忍 は、いつしかその姿を消していったようです・・・

「伊賀忍軍」 と言っても異質な集団ではなく、忍びの心得や技術を持った 豪族・国人(地元の領主)の共同体であったようです。
忍者にも様々な人がいて、専業忍者もいましたが、その多くは半農半忍であり、普段は職人や商人として生活している人も多くいました。
ですから太平の世になると、みんな普通の商人や農民になって行き、忍者という存在は文字通り闇に消えていったようです。
「信長の野望オンライン」 では、「伊賀忍」 は1つの独自勢力として登場します。
忍者は表舞台に登場するような存在ではありませんが・・・ 彼らも一応、普段は普通の人々。
彼らが勢力を伸ばしていく歴史も、アリかもしれませんね。

伊賀忍 忍者名鑑
伊賀忍 忍者名鑑 へ

(C)2003 KOEI Co.,Ltd. All rights reserved.
武将の顔グラフィックなどは「信長の野望 天下創世」 と 「信長の野望 嵐世紀」のものです。
信長の野望 Online」 は 株式会社コーエー の商品です。
家紋は「戦国武艦 戦国武将の家紋」様から使わせて頂いています。