北条氏

北条家 と 北条氏康


関東地方一円の広い範囲を支配下とし、戦国時代最大の巨城小田原城 に居を構えていたのがこの「北条家」です。
北条家は戦国時代の歴史の流れにおいて、それほど大きな出来事には関わっていなかったため、ややマイナーな感がありますが・・・
広い領土を持ち、上杉家 や 武田家 などの強豪大名に何度も進攻されながらもそれを追い返した戦国時代有数の大名であることは間違いありません。
戦国大名としての北条家の始まりは、「戦国時代の先駆者」と言われる「北条早雲」から始まります。
彼は最初、今川家の家臣としてその地位を高め、領土を得ると、伊豆半島に進攻を開始してそこを支配下に収めます。
さらに小田原(現在の神奈川県)に進攻して制圧、拠点とし、さらに周辺に勢力を広げていきました。
早雲の死後、さらにその後を継いだ「北条氏綱」が関東に進出、そしてその子「北条氏康」も、後を継ぐと関東一帯を支配下とするために勢力拡大を続けます。

北条氏康 は 「武田信玄」 や 「上杉謙信」 に比べるとやや政治向きな人で、「武闘派」と言うイメージはあまりないかもしれませんが、実際には生涯三十六度の合戦で一度も敵に背を見せず、受けた傷は全て向こう傷だったと言われている勇敢な武人です。
1545 年には、「関東管領」という関東地方を治める役職を持っていた「山内上杉家(上杉謙信の上杉家とは別)」が、近隣の同盟国や今川家と共に8万の大軍で 北条家 に進攻して来ますが、北条氏康 は8千の精鋭を率いて夜襲をかけ、この 10 倍の敵軍を撃退しています。

この戦いは「川越の戦い」と呼ばれ、北条家の武名を大きく上げる戦いとなりました。
同時にこの戦いによって、北条家は関東一帯の支配を確立します。

その一方で氏康は政治家としても非常に優秀であり、他の大名家に先駆けて「検地(土地を調べて税金などを決める事)」を実施し、通貨を統一し、経済改革に努めます。
北条家には 「家臣や民を慈しみ、人心を掌握し、戦いに勝っても思慮深くあるように」 という家訓が代々伝わっており、北条氏康 の統治は、まさにそれを表したものであったと言えるでしょう。
特に北条家の行政機構(政治のシステム)は非常に近代的であり、他の大名家よりも進んでいた事で有名です。
その後、北条家 は 今川家・武田家 と「三国同盟」を締結。
「信長の野望 Online」 のスタート時の状況は、ちょうどこの頃になります。
しかしこの後、北条家は領土を守るため防戦一方の展開となって行きます。
1561年、越後の「上杉謙信」が関東管領職を譲られ、役職通りに関東を支配するため、北条家に毎年の様に進攻してきます。
加えて、長年敵対していた房総半島の「里見家」との戦いも続き、今川義元の死後に三国同盟が解消されると、武田家 も進攻してくるようになります。
かつて撃退した 「山内上杉家」 なども小勢力ながら北条家への敵対行為を続けており、まさに四方から外敵の進攻を受けるような状態となりました。

そんな中、北条氏康 は小田原の城の改築を繰り返し、それを難攻不落の巨城へと変えて行きます。
小田原城の改修は以前から行われ続けていましたが、戦いが激しくなるにつれてその必要性も増していき、こうして天下の巨城 「小田原城」 が誕生することとなりました。
以後、上杉家の攻撃を受け流しつつ、里見家との抗争を続け、1571年に 北条氏康 は病没します。
享年 56 才。
北条氏康 の死後、北条家 はその子 「北条氏政」、さらに 「北条氏直」 が後を継ぎます。
氏康の死後も 北条家 は 上杉家 などから度重なる進攻を受け続けましたが、巨城 小田原城での篭城戦(城にこもって戦う事)で、それらの進攻を防ぎ続けます。
こうして、以後も 20 年近く 北条家 は外敵からの侵入を阻み、関東を支配し続けますが・・・
しかしその間に天下は動き続け、日本はほぼ「豊臣秀吉」に支配される事となりました。
日本をほぼ制圧した豊臣家は、北条家を攻めるか、支配下にしようと考えます。
北条家 は 北条一族 や 家臣達 の会議で物事を決めていましたが、秀吉が侵攻してくる動きに対し、和平派 と 主戦派 で意見が真っ二つになりました。
そして、一時は秀吉と講和をする意見が優勢だったのですが・・・
結局、秀吉の要請を拒んでしまったため、北条家は秀吉の侵攻を受けることになります。
北条家は例によって、小田原城に篭って戦おうとしますが、しかし秀吉の側も難攻不落のこの城をまともに攻める気はありませんでした。
秀吉の大軍は小田原城を完全に包囲すると、そのまま何年でも包囲し続けて中の物資が枯渇するのを待つ「兵糧攻め」を行います。
もちろん、小田原城にもその巨大さに見合うだけの大量の物資が保管されていましたが・・・
しかし、秀吉の側も長期戦の構え。
しかも秀吉軍は部隊を入れ替えながらひたすら包囲を続けつつ、これ見よがしに城の周囲で宴会などを開いたりもしていました。
もはや、日本をほぼ支配している 豊臣秀吉 と 北条家 では力の差は歴然であり、例え小田原城があっても、北条家に勝ち目はありませんでした。
この時、小田原城の中では、降伏するか、打って出るか、このまま守り続けるかで日々議論が行われていましたが、いつまでたっても結論は出ません。
時間ばかりかかって何の結論も出ない会議を「小田原評定」と言うのは、この故事から来ています。
こうして家臣の裏切りなどもあり、北条家 は降伏して敗北。
北条氏政 は切腹、北条氏直 は流刑となってしまいます。
和平派であった 北条氏政 の弟が 豊臣秀吉 に取り立てられたため、北条家は一応、その後も江戸時代の藩主として存続しますが、戦国大名としての北条家は、ここに滅亡することとなります・・・

関東の支配を守るため、小田原城を頼りに防戦を続けた北条家。
しかし、難攻不落の巨城を持っていたことが、逆に氏政や氏直の判断を誤らせたのかもしれません・・・
しかし「信長の野望 Online」では、地図上の端に位置し、仇敵の里見家や山内上杉家はなく、有利な立地条件にあります。
これを生かして、史実とは逆に攻めに転じる事が出来るかどうかは・・・
北条家のプレイヤー次第、と言えるでしょう。

北条家 武将名鑑
北条家 武将名鑑 へ

(C)2003 KOEI Co.,Ltd. All rights reserved.
武将の顔グラフィックなどは「信長の野望 天下創世」のものです。
信長の野望 Online」 は 株式会社コーエー の商品です。
家紋は「戦国武艦 戦国武将の家紋」様から使わせて頂いています。