浅井氏

浅井家 と 浅井長政


浅井家」 の当主 「浅井長政」 は、その将来を有望視され、織田信長 にも気に入られたという若武者でしたが、親交のあった 「朝倉家」 と 信長 の板挟みにあい、悲劇的な運命を辿る事になります。
ちょうど 織田信長 が活躍する時期にそれに深く関わった大名であり、また物語性もあることから、多くの 歴史ドラマ や 小説 に登場している、人気のある大名でもありますね。
では、そんな 「浅井家」 とは、どんな大名家だったのでしょうか・・・?

浅井家」 は、琵琶湖周辺の 「近江(現在の滋賀県)」 の国を支配していた大名家です。
しかし当初、浅井家は近江を支配していた名家 「京極家」 の配下に過ぎませんでした。
しかし 浅井長政 の祖父 「浅井亮政」 は、主人である 京極家 で跡継ぎ争いが起こった時、それに乗じて独立し勢力を広げ、近江の北部を支配下に収めます。
そして 京極家 と友好関係にあった、近江の南部の 「六角家」 と長年に渡る勢力争いを続けながら、浅井家の拡大に務めていきました。
「浅井家」 は当初、小勢力に過ぎなかったため、六角家 の攻撃を防ぐために近畿地方北方の大名家 朝倉家」 と同盟 し、その支援を受けながら戦います。
これにより、以後 浅井家 と 朝倉家 は互いに深い信頼関係を持つ事になりました。
しかし・・・ その浅井家の後を継いだ 浅井長政 の父である 「浅井久政」 は、あまり武勇には優れていない人で、彼の代になると 京極家 が 浅井家 に対して反攻を開始、さらに 「六角家」 の攻勢にも耐えられなくなってしまい、浅井家は 「六角家」 の支配を受けて、その属国となることになります。

浅井長政 が生まれ育ったのはそんな頃であり、そのため彼は当初、六角家の当主である 「六角義賢」 の名から一字を取って 「浅井賢政」 と名付けられ、また彼の結婚相手も 六角家 の家臣の娘が選ばれて、嫁がされていました。
ですが 賢政(長政) は、浅井家 がこのような 六角家 の傘下に過ぎない状況を良いとは思っていませんでした。
そしてその思いは、父の 久政 が 「六角家の家臣の義理の子となれ」 と言った時に爆発します!
彼は 六角家 から嫁いで来た嫁を送り返すと、六角家 からの独立を訴えて挙兵、すぐに侵攻してきた 六角家2万の大軍 を、「野良田の合戦」 で1万の軍勢で討ち破ります!
浅井家の家臣達も、内心は 六角家 の傘下になっていた事を悔しく思っており、久政 の 弱腰し外交 に嫌気がさしていましたから、賢政(長政) が 六角家 の軍勢を撃破した事に大喜び!
そして浅井家の当主である 久政 に、息子に家督を譲るよう迫ります。
こうして、浅井賢政 は 浅井家の当主となり、その名を捨てて 「浅井長政」 と改名します。
彼が 「賢」 を 「長」 に変えたのは、今川家の大軍を討ち破った 織田信長 にあやかったから、と言われています。
そして 京極家 をさらに攻め立てて北近江の支配を固めると、反六角家 の地元勢力を味方に付け、 「浅井家」 を一気に戦国大名にまで押し上げました。

さて、そんな 浅井長政 に注目していたのが・・・ 「織田信長」 本人です。
織田家はちょうどその頃、美濃の斉藤家との戦いに明け暮れていました。
浅井家の領地である 「近江」 は、その美濃のすぐ西にあります。
浅井家 と同盟することで 織田家 は 斉藤家 を南と西から挟撃することが可能になり、さらに近畿地方へ進出する進行路も手に入れることが出来ます。
そしてまた、浅井長政 の噂を聞いた 信長 は、「長政」 自身にも大きな期待を寄せていたと言われています。
そこで 信長 は、彼の妹である 「お市」 を 浅井長政 に嫁がせる事を考えます。
お市の方」 は 「当世一の美女」 と言われたほどの美貌の持ち主で、信長にとっては外交の切り札でもありました。
一方 浅井家 も、斉藤家 が 「斉藤龍興(斉藤道三の孫)」 の代になってからは、斉藤家 とは戦争状態にあり、また 織田家 の支配地域は 六角家 のちょうど向こう側にあるため、浅井家 としても 織田家 と同盟することは悪い話ではありませんでした。
こうして、浅井長政 の元に お市 が嫁ぎ、婚姻関係となった 浅井家 と 織田家 は同盟を結ぶ事になります。

その後、織田家 はついに斉藤家を滅ぼして、美濃の国を奪取。
そして 将軍足利義昭 を保護し、彼を護衛して将軍職に復帰させると言う大義名分を持って京都への進軍を開始、その途上にある 六角家浅井家 と共同で攻撃して、滅亡させます。
織田家 の軍事行動に 浅井家 は追従し、一方で 信長 も 浅井家 を立てるよう、将軍を 浅井家 に宿泊させるなどして気を配りました。
浅井長政 と お市 の夫婦関係も非常に仲睦まじく、浅井家 と 織田家 の関係はこの時期、とても良好なものでした。

ところが・・・ 織田家が京都を制圧し、足利義昭 が正式に将軍職に就いた所で、問題が生じます。
朝倉家」です。
浅井家 と長年の親交があり、大きな恩もある 朝倉家 が、将軍・義昭 と 信長 の発した、京都に参内(挨拶)せよ、という命令書を無視し続けたのです。
朝倉家 は将軍家に非常に近い間柄の 「名家」 でしたから、事実上 織田家 に挨拶する事になるこの命令には、例え将軍からのものであっても従わなかったのです。
度重なる要請を無視された信長は怒り、朝倉家討伐の兵を挙げます。
ところがこれは、浅井家織田家 の同盟の条約違反でした。
朝倉家 と深い関係にある 浅井家 は、織田家と同盟するとき、「朝倉家とは敵対しない」という条件を付けていたのです。
しかし 信長 はこれを無視して、浅井家に無断で 朝倉家 への攻撃を開始します!
織田信長 が 浅井家 に無断で 朝倉家 を攻撃したのは、この攻撃に 浅井家 が関与していない様にするためだったとも言われていますが・・・
いずれにせよ、浅井家としては見過ごす訳にはいきません。
これにより、浅井長政 は 織田家朝倉家板挟みにあう事になってしまいます・・・
共同作戦を展開中で、さらに嫁の 「お市」 の兄でもある 織田家 を取るのか?
それとも長年の親交のある 朝倉家 を取るのか?
さすがの 浅井長政 もかなり悩んだようで、家臣などにも色々と意見を聞いています。
そんな彼を強く説得したのが、父の 「浅井久政」 であったと言います。
古くからの家臣や 父・久政 は、「六角家との戦いで受けた朝倉家の恩を忘れてはならない」と、朝倉家に付くよう、強く主張したと言われています。
こうした意見もあって・・・ 浅井長政は、義を重んじて 朝倉家」 に付くことを決意
ちょうど「金ヶ崎」という場所で 朝倉家 と対陣中だった織田軍を攻撃する準備を進めます!
この時、その動きを知った 信長 の妹 「お市」 は、「陣中見舞い」 と称して袋の両端を紐で結んだ小豆を信長に送ったと言われています。
信長はこれを見て、「織田軍が前も後ろも塞がれている」 ことを悟り、浅井家が寝返った事を察したと言います。
信長 はすぐに織田軍の退却を命令、秀吉をしんがりにすると、浅井軍が到着する前に速効で美濃へと戻っていきました。

そして、信長裏切った 浅井長政 に大激怒!!
同盟の条約を無視した 信長 にも大いに非はあるのですが、信長 は 浅井長政 の事を前々から気にかけ、そして気に入っていたため、その相手から裏切られたことで 「可愛さ余って憎さ百倍」 になったようです。
戻った 信長 は浅井家攻撃の準備を進め、そして再び近江に出陣、浅井軍 は 朝倉家 に救援を求め、浅井・朝倉連合軍 として 織田家 と対峙します。
この戦いは 「姉川の合戦」 と言われ、織田信長 の生涯の中でも1つのポイントになった戦いだと言われています。

当初、浅井家は堅城の 「小谷城」 で篭城戦(城にこもって戦うこと)をするつもりでしたが、信長はこの城を無理に攻めず、その前面の拠点を陥落させていきました。
浅井家 はこれを無視する事が出来ず、結局 城から討って出て、両軍は 「姉川」 という場所で相対する事になります。
姉川の合戦」で、兵力に勝る織田軍は合計 13 段の陣を構えました。
多重の陣で浅井家の突撃を抑えようと言う作戦です。
しかし後の無い浅井家の突撃力はものすごく、特に浅井家の家臣 「磯野員昌」 は織田家の陣を次々と突破!
織田軍は 13 段構えの陣の 11 段目までが崩され、窮地に陥ります。

しかし、後詰として控えていた織田軍 「稲葉一鉄」 の部隊が浅井家の側面を攻撃、これにより浅井家の突撃は止まり、さらに「安藤守就」 「氏家卜全」 の 「美濃三人衆」 による側面攻撃で、戦局は織田軍側に有利になり始めます。

一方、浅井家の援軍である 朝倉軍 は、織田家の援軍である 徳川軍 と戦闘中でしたが、こちらも徳川軍の 「榊原康政」 の部隊の側面攻撃によって崩れ始め、朝倉軍 は先に壊滅してしまいます。

その後、浅井軍 は前面の 織田軍 に加えて 徳川軍 からの攻撃も受けることとなり、総崩れ。
姉川の合戦 概略
こうして 姉川の合戦 は、浅井・朝倉連合軍 の敗退で幕を閉じることとなります。

その後、浅井軍 は 「小谷城」 に撤退。
この城は難攻不落として知られていたので、信長 は無理に攻撃せず軍勢を帰還させますが、浅井家の損害は大きなものになります。
挽回を狙う 浅井・朝倉軍 は京都方面に侵攻し、織田家の守備軍を討ち破ってその一帯を制圧しつつ、織田軍の本隊が迫ってくると京都の近くにある仏教の総本山 「比叡山延暦寺」 の援助を受けてその山に陣を構え、織田家に対抗します。
ですが、浅井・朝倉家 の反抗もここまででした。
将軍・足利義昭 からの停戦命令が出され、浅井・朝倉家 は織田家と一時停戦、兵を引きます。
翌年、「比叡山・延暦寺」 は信長の焼き討ちにあい、焼失。
信長と不仲になった 「将軍・足利義昭」 によって、浅井・朝倉・本願寺・武田・上杉 などの大名家が協力した 「信長包囲網」 が形成されますが、武田信玄 は病死。
朝倉家 はイマイチやる気がなく、本願寺家 は 織田家 を弱体化させるために各地の 「一向宗」 という宗教の信者に 「一向一揆」 を起こさせて織田家を苦しめますが、この一向一揆は 浅井・朝倉家 の領内でも不穏な動きを見せたため、その対応に追われる事になります。

そして 姉川の合戦 から3年後、武田信玄 の死と、将軍・足利義昭 の追放によって後顧の憂いのなくなった織田家は、再び浅井・朝倉家への侵攻を開始します。
「姉川の合戦」 で受けた被害がまだ回復していなかった 浅井家 は 「小谷城」 で篭城、そして 朝倉家 に援軍を要請します。
が、もはや 朝倉家 は頼りにならず、さすがの 堅城・小谷城 も多勢に無勢、織田の大軍の猛攻により落城する事になります。
浅井長政 は、最後まで付き添っていた 「お市」 を3人の娘と共に城外に脱出させると、最後の篭城戦の末に自刃。 この時、まだ 29 才の若さでした。
浅井・朝倉家の滅亡後、信長は翌年の新年の宴で、浅井長政 と 朝倉義景 の頭蓋骨に金箔を塗り、それを飾って酒宴を開いたと言われています。
また、浅井長政 の頭蓋骨を使って杯を作り、それで酒を飲んで勝利を祝ったとも言います。
これは 信長 の 「狂気」 を物語る、有名なお話ですが・・・
逆に言うと、それだけ恨まれるほど、以前の 浅井長政 は 信長 に信頼され、そして期待されていたと言えるかも知れません・・・

こうして、近江の 「浅井家」 は滅亡することとなります。
しかし、落城する城から逃れた3人の娘達は、それぞれ戦国の世を歩んでいきました。
長女 「茶々」 は 豊臣秀吉 の側室となって 豊臣家 の跡継ぎ 「豊臣秀頼」 を生み、「淀君」 として戦国時代の終わりに権勢を振るいます。
次女 の 「」 は 京極家 を復興させた 「京極高次」 に嫁ぎ、三女の 「」 は 徳川幕府 の二代将軍 「徳川秀忠」 の妻となります。
そして 浅井長政 の血筋は、その後も歴史の中に続いていく事になります・・・

若年時代から大将としての器量を期待され、そしてその期待に見事に応えていた 浅井長政。
残念ながら、朝倉家 と 信長 の究極の選択で、誤った方を選んでしまいます・・・
しかし、もしこの時、彼が信長を選んでいたら、戦国時代はどうなっていたのでしょうか?
それは歴史の IF として、よく語られる話の1つです。
信On の浅井家は、まだ 浅井長政 が国主となったばかりの頃からスタートするようです。
朝倉家と結ぶのか、織田家と結ぶのか、それとも・・・?
歴史の IF の1つの姿を、見ることが出来るかもしれませんね。

浅井家 武将名鑑
浅井家 武将名鑑 へ

(C)2003 KOEI Co.,Ltd. All rights reserved.
武将の顔グラフィックなどは「信長の野望 天下創世」のものです。
信長の野望 Online」 は 株式会社コーエー の商品です。
家紋は「戦国武艦 戦国武将の家紋」様から使わせて頂いています。