中東諸国 の 歴史

このページは アメリカ と イラク による 「湾岸戦争」 を経て、日本も 「イラク」 に出兵した事を受けて、その歴史を多くの人に知ってもらいたいと思い作成したものです。

ネットゲーム 「信長の野望オンライン」 とは、ぜーんぜん関係ありませんが・・・
「現代史」 という名の昨今の 「歴史」 を知る上で、参考にして頂ければ幸いです。

中東諸国」。
日本から見ると、イスラ〜ムで石油で戦争な国々、というイメージだと思います。
なぜここでこんなに戦争が起こっているのでしょうか?
それは、「石油」 という利権があるからと、「宗教」 による対立があるからです。
特に 「石油」 があったのが大きなポイントで、この利権の得るために中東以外の諸外国も積極的にこの地域に関わってきました。
おかげでこの地域の戦乱は、ただの地域紛争に収まらないほどにドロドロになってしまったのです。
また、「宗教」 による対立があるために、双方が利益や損失を考えて和平をする、と言った事もなくなってしまいます。
そこへ来て、「イスラエル」 という全く違う宗教と民族の国がポンと出来て、ますますゴタゴタになってしまいます。
そんな中東諸国は、これまでどんな歴史を辿ってきたのでしょうか・・・?


元々、「中東」 の一帯には 「オスマン・トルコ帝国」 という名のデカい帝国がありました。
言うなればこの帝国が中東地域を 「天下統一」 していた訳で、一時は東ヨーロッパから北アフリカまでその支配地域を延ばしていました。

また、当時はアラビア半島は砂漠しかない過疎地だったので、アラビア半島を巡って争いが起こったりする事もあまりなかったようです。
この帝国が特に勢力を拡大し始めたのが、だいたい 1450 年ごろでした。
一方、同じ頃、ヨーロッパでは・・・ 「大航海時代」 が訪れていました。
大航海時代が訪れたのには 「オスマン・トルコ帝国」 も関係していて、この帝国が中東地域を完全に制圧してしまったため、その向こう側との陸路を使った貿易が出来なくなってしまったからです。
そこで、「陸がダメなら海だ!」 というワケですね。
1500 年前後、日本がちょうど戦国時代だった頃は、「大航海時代」 まっさかりの頃でした。
ポルトガル」 「スペイン(イスパニア)」 「イギリス」 「オランダ」 などの国々が、まだ見ぬ世界を探求するために船を出し、貿易船と、それを襲う海賊と、海賊を倒す艦隊が入り乱れていました。
そして日本が江戸時代に入った 1600 年頃、大航海時代は 「探検の時代」 から 「支配の時代」 へと移っていきます。
探検航海によって世界の姿が解って来ると、その新しい世界を支配しようと、列強国が互いに争いを始めるようになります。
ヨーロッパの軍隊は最新の武器で武装していますから、世界の国々をガンガン占領していきます。
こうして、その地域の住民の事など無視した 「領土の取り合い合戦」 が起こる事になります。
このヨーロッパの強国が世界中の国々を 「植民地支配」 していく事が、その後の世界の歴史に大きく影響する事となります・・・
(ニュースなどで良く出る 「植民地主義」 とは、こういった他国の土地や利権を、自国のものとして扱う考え方の事です)
1700 年頃 から、オスマン・トルコ帝国 はヨーロッパの国々との戦争に徐々に押され気味になり、だんだんアラビア半島の方に押し込まれていきます。
1800年頃、フランスの英雄 「ナポレオン」 の遠征によってエジプトが制圧され、北アフリカの覇権をなくし、その後も敗退を続け、1900年ごろには 「中東地域」 であるアラビア半島のみを支配する国となりました。
そして、1900 年ごろ・・・ 中東地域に大きな発見が訪れます。 「石油」 です。
この石油によって、ただの砂漠だったアラビア半島は大きく変わってしまいます。
中東が 「油田の宝庫」 である事が判明すると、各国は一斉にこの地域の利権を求め始めます。
ちょうどこの頃は、ガソリンを使ったエンジンや、灯油を使ったストーブ、街灯などが登場し、石油が求められていた頃でした。
そんな 1914 年、小国同士の争いに大国が介入し、ヨーロッパを中心に起こった戦乱 「第一次世界大戦」 で、オスマン・トルコ帝国 は 「ドイツ」 側として参戦しますが、ドイツは敗れてしまいます。
石油を持っている国が戦争に負けた」 というのは、戦勝国だった イギリス や フランス には大チャンスな話です!

すかさず イギリス と フランス は極秘に協定を結び、中東の多くの土地を分割して支配し、これらの領土を植民地化します。
この時、イギリス や フランス は自分達の都合の良いようにテキトーに領土分けを行ったり、「この地域はアラブの国にします」 という約束を破ったりしたため、これが後に中東の国々が、それぞれ領土の権利を主張して戦いあう元になってしまいます。

その後、中東は 「植民地支配」 によって、イギリスやフランスに支配されながらも、一応は安定を保っていたのですが・・・
1939年 から 1945 年に起こった 「第二次世界大戦」 で、大きく変わり始めます。
第二次世界大戦中、ドイツの総統 「ヒトラー」 は自民族の優越性を主張し、嫌っていたユダヤ人の大量虐殺 「ホロコースト」を始めます。
この時に虐殺されたユダヤ人は 300 万人とも 600 万人とも言われており、当然多くのユダヤ人はその被害を受けないよう、隠れたり逃げたりする事になります。
そして第二次世界大戦が終わった後・・・ その難を逃れたユダヤ人は元の家に帰ったのではなく・・・
大挙して 「中東」 に押し寄せました!
その理由は、「宗教」 的なものでした。
ユダヤ教の聖典で、キリスト教の元でもある 「旧約聖書」 に、こんなことが書かれています。
「エジプトの奴隷として迫害を受けていたユダヤ人を率いて、ユダヤ人のリーダー 「モーゼ」 は海を割いてエジプトを脱出した。 そしてユダヤ人達は放浪の末、「神の指し示した土地」 であるヨルダン川の西に、自分達の国を作った」
第二次大戦後、ユダヤの人々はその聖書の記述を今の自分達と照らし合わせたのです。
そして中東に押し寄せたユダヤ人の船で、地平線と水平線の向こうまでが埋まった、とさえ言われています。
ですが、この 「ヨルダン川」 の西には・・・ イギリスが統治していた 「パレスチナ」 という名前のアラブ人の国がすでにありました。
ごくふつーに生活していたパレスチナに、いきなりユダヤ人が大量に押し寄せて来ます。
「帰れ」 と言っても帰りません。
「なぜここに来たんだ」 というと 「ここが神の示した土地だからだ」 とか言い出します。
そして、無理やりそこに住み着いてしまいます!
パレスチナを支配するイギリスは、当時発足したばかりの 「国際連合」 に 「なんとかしてー」 と対処を要請、そして国際連合は 「じゃあ、半分こずつにしましょうね」 と言います。
すると・・・ パレスチナ激怒!
「ざけんな! どうしていきなりやって来た奴に半分取られるんだ!」 と怒ります!
まあ、当然と言えば当然ですが・・・
しかし、ユダヤ人側も国連の正式な決議を受けましたから、それを元に 「イスラエル」 の国を建国してしまいます。
これにアラビア半島のアラブの人々は猛反発!
日本で言うと、大阪にいきなり 宗教 も 習慣 も 言葉 も 文化 も違う人が集団でやって来て、無理やり国を作ったようなものですからね。
こうして、アラブの国々は同盟してイスラエルに攻め込むのですが・・・ すでに後のない「背水の陣」のイスラエルはさすがに強く、アラブ連合軍はボコボコに負けてしまいます。
そしてイスラエルは 「神の指し示した」 ヨルダン川の西側地区を完全に支配してしまい、元々パレスチナに住んでいた人々は難民化します。
一方、負けてしまったアラブの国々では、「いまの政府ってダメじゃねーのか?」 という声が上がり始めます。
そもそも、アラブの多くの国がイギリスとフランス(特にイギリス)の植民地政治を受けていましたから、これへの反発もあって独立しようという動きが一気に高まります!
こうして、アラビア半島の多くの国が、次々と独立していったのですが・・・
先に述べたように、各国の 「国境」 がイギリスやフランスが勝手に決めたものだったため、それぞれの国々が領土を巡って権利を主張し、険悪な状態になっていきます。
そこへ来て、さらなる開発によって 「油田」 が次々と見つかったため、その石油の利権も絡んで、「あの油田は俺のだ」 「あの石油が出そうな辺りはうちのだ」 とかいう衝突が起こり始めます。

さらに加えて、中東には 「イスラム教」 が普及していますが、そのイスラム教の派閥の対立で、国同士が険悪になっていきます。
イスラム教 には大きく分けて、「スンニ派」 と 「シーア派」 の2つがあります。
よくニュースでも出てきますね。
これはイスラム教内での権力闘争(教祖の後継者争い)で分裂してしまったものなので、宗教の教義などはほとんど変わりありません。
まあ、単に2つに割れてるだけと思っていいでしょう。(そういうと信者の人は怒るかもだけど・・・)
サウジアラビアはほとんどの人が 「スンニ派」 で、
イラクは混在ですが、支配者層の大半の人はスンニ派
一方、イランは 「シーア派」 で、また 「原理主義」 と呼ばれる 「絶対宗教を遵守」 というようなスタイルを取っています。

そしてこの2つの派閥は、イスラム教が分裂した時からずーっと対立しており、そのため、これがそのまんまアラブの国々の対立にもつながってしまいます。
そこに石油があるわけですから、最悪です。
イラン と イラク が8年間もの長きに渡って戦った 「イラン・イラク戦争」 も、この 「宗教と石油」 が原因となって行われていた戦いです。
加えて、イスラエルはイギリスやフランスと共同で 「スエズ運河」(地中海とアラビア海を結ぶ運河) を制圧しようと侵攻したり、他のアラブ諸国との衝突の末に近隣諸国に侵攻したりしたため、このイスラエルとの戦争・対立もどんどん問題になっていきます。

こうして・・・ 「中東」 は、戦乱やいざこざが絶えない地域になってしまいました。
日本風に言うと、「戦国時代」 になってしまった訳ですね。
いまでもアラブの覇権を巡ってそれぞれの国が微妙な関係にある訳です。
そんな中・・・ 生まれたのが、「テロ」 です。
敵対国の領土や建物に爆弾などを仕掛けて爆発させ、相手を麻痺させたり困らせたりし、場合によっては要求を飲ませようとするもので、大抵は市民が犠牲になってしまいます。
最初から死ぬ覚悟で突っ込む 「自爆テロ」 もニュースでよく報道されるようになりました。
世界の戦争において、テロ行為のようなものははるか昔からありました。
ただ、ずっと昔は 「爆弾」 なんてありませんでしたから、個人や少人数で破壊活動をしようとしても、その効果はたかが知れています。
しかし 「爆弾」 が登場した事によって、1人の人間が重大な被害をもたらす事が可能になりました。
イスラム地域でテロが頻発するのは、イスラエルとアラブ諸国との 「中東戦争」 が大きな要因にあるようです。
「中東戦争」 と呼ばれる大規模な戦争は過去に3度ありましたが、いずれもイスラエルが優勢、もしくは勝利しています。 アラブ側はどうしても勝てません。
これは、アラブ諸国がそれぞれ普段は敵対しているので、共同で戦おうとしても完全に協調が取れないのも原因にあるようです。
いずれにせよ、普通に戦っても勝てない相手に被害を与えるにはどうすればいいか・・・?
その結果、「テロ」 が出てきます。
アラブ諸国には、イスラエルや敵対勢力に対抗する小さな勢力がたくさんあります。
そういった小さな勢力が大きな相手に被害を与えるのに 「テロ」 という手段を使い始め、そしてそれを大国が利用しようとして、資金的にバックアップなどし始めました。
その結果、アラビア地域でテロが頻発する事になってしまった訳です。
変な話ですが、「テロ」 という戦い方が、1つの文化になってしまっている訳ですね。
(ちなみに・・・ ニュースで良く出る 「アルカイダ」 は、「イスラム教スンニ派」 のテロ組織で、イラクの支援を受けている(受けていた)と言われています。
ハマス」 や 「イスラム聖戦(ヒズボラ)」 と言ったテロ組織は 「イスラム教シーア派」 のテロ組織で、バックにはイランがあると言われています。
なので、これらの組織にとってイスラエルやアメリカは共通の敵ですが、同時に アルカイダ と ハマス・イスラム聖戦 も敵対しています)

さて、そんな中東で・・・ 大事件が起こります。 「湾岸戦争」 です!
アメリカ」 が中東の軍事大国 「イラク」 を攻撃した戦争で、史上初めて、その模様が世界中のテレビで放映されたと言うものです。
この戦争は、イラクが中東の小国 「クウェート」 に侵攻して軍事制圧した事を受けて、1991 年に アメリカ が仲間と共に 「おしおき」 しに行った戦争ですが・・・
この戦争は様々な要因が重なって起こった戦争だと言われています。
あまり知られていませんが、クウェートと言う国は石油の超宝庫な国です。
国の大きさはイラクの 10分の1 以下なのに、そこから出る石油はイラクとほぼ同じ、それを石油輸出国が取り決めた輸出量を無視してガンガン売りまくっていたのです。
しかも、クウェートは場所的にも輸出に最適な場所で、大規模な輸出港もありました。 (一方、イラクはほとんど海に面していません)
それでいて、クウェートは小さな国で軍事力はほぼ0。
しかも王様政治が続いていて、民衆の暮らしはあまり良いものではありませんでした。
もうイラクとしては、目の前にアンパンがぶら下がっているような状態だったと言えます。
イラクは長年続いていたイランとの戦争も終結し、軍事的にも自由に動ける時期でした。


一方この頃、アメリカは、失業率が増えてピンチな状況でした。
その大きな理由は、「軍産複合体の停滞」 です。
軍産複合体」 とは、早い話が 「兵器作り産業」 で、アメリカではこの産業の占める経済の割合が大きく、日本の自動車産業に匹敵します。
ソ連とアメリカの 「冷戦」 が終わって世界が平和ムードだったので、兵器は売れなかったんですね。
そしてこの失業率の増加で不景気になり、アメリカの大統領 「ブッシュ大統領(最初のブッシュ大統領。俗に言うパパブッシュ)」 は、大統領選挙でピンチになっていました。
アメリカでは4年に1度、「大統領選挙」 が行われます。
そのため、「アメリカの大規模な軍事行動は4年に1回発生する」 と言われたりしています。
選挙に負けたらブッシュ大統領は失脚なのですが・・・ 負けてました。
何とかする必要があった訳です。
そこに、「イラク の クウェート侵攻」 の情報が送られてきます。
実は、イラクのクウェート侵攻はアメリカは事前察知していたと言います。
と言うか、ソ連 とか イスラエル とかも事前察知していて、アメリカに連絡していたようです。
アメリカにとっては渡りに船!
戦争による軍事産業の活性化と、それによる失業率の回復、そしてアメリカの 「正義」 と 「強さ」 を見せる事による立場のアップと、選挙での人気の獲得。
しかも、ブッシュ大統領のメインの支援政治団体はたまたま石油産業だったので、ますます大チャンスです! 石油の輸出国を助ける事は、国としても支援団体にとっても、有利な事でした。
そしてイラクの動きについて、アメリカは黙秘。 行けとも言えませんしね。
イラクの 「フセイン大統領」 はアメリカ大使館に軍事行動の連絡を入れたと言われていますが、これもアメリカの返答はなかったようです。
これを受けて イラク の フセイン大統領 は、「アメリカは黙認したんだな」 と都合よく解釈。
クウェートに侵攻し、そこを制圧してしまいます。
そしてそれを見たアメリカは 「そんな行為は許せな〜い!!」 と叫び、「多国籍軍」 での 「クウェート解放作戦」 を開始!
こうして湾岸戦争が始まる事になりました。

湾岸戦争は半年ほどのにらみ合いが続きます。
イラク はこの間に国境を要塞化して 「サダム・ライン」 と呼ばれる防衛線を築きます。
一方、アメリカはサウジアラビアに陣地を置き、各国からの部隊を集結させます。
アメリカが半年もそこに駐留していたのは、アメリカが軍事産業や政治面の 「パフォーマンスをしていた」、および 「大統領選挙の投票日をにらんでいた」 からだとも言われていますが・・・
各国との政治的な駆け引きもあったようです。
アメリカにとってこの戦争は 「政治的なもの」 でしたから、それこそが重要だったと言えます。
イラクはこの問題をイスラエルとの問題(イスラエルが無理やりパレスチナを占拠した問題)と結びつけるため、イスラエルにドカドカとミサイル(スカッドミサイル)を打ち込みますが、イスラエルは今回は我慢。
そして 1991年1月、アメリカはイラクに対して侵攻を開始、徹底的な空からの攻撃と弾道ミサイルで要塞を破壊し、イラクの兵士も相次ぐ爆撃でやる気をなくします。

その後、地上部隊がイラクに侵攻、イラクの戦車は欠陥もあって役に立たず、地上戦開始数日でイラクは降伏。
こうして 「第一次湾岸戦争」 は、本格的な開戦からおよそ 100 時間足らずで終わったのですが・・・
しかし、イラクのフセイン大統領の政権はそのまま存続します。
理由はいくつか言われており、「フセイン大統領が潜伏して、単に見つからなかった」 というのが一番の理由のようですが、他にも 「サウジアラビアやクウェートがフセインを倒さないよう泣きついた」 というのもあるようです。
実はアメリカは当初、イラクのフセイン政権を追い出して 「民主政権」 を誕生させる予定だったのですが、アメリカに協力したサウジアラビアも、アメリカが助けているクウェートも、どちらも 「王族政治(王様の国)」だったので、民主政権など作られるのが一番ヤバかったのです。
また、これらの国との関係が悪くなると、ブッシュ大統領の政治支援団体が石油産業ですから、かなりマズイ事になります・・・
あと、アメリカが今後のために、悪の帝国」 を残しておきたかったというのもあると言われています。
こうして、イラクの 「フセイン政権」 は存続し、その後 ブッシュ大統領 は一時的に支持率が急上昇しますが、それを維持する事が出来ずに大統領選挙で落選
戦争による景気回復と、軍事産業の活性化は、次の大統領の利益になってしまったという皮肉な結果となります。
結局、中途半端な感じで 「第一次湾岸戦争」 は終結しました・・・

さて・・・ ここからの歴史は、つい最近の話になりますね。
10年ほど安定期が続いていましたが、2001年9月、あのハイジャックされた航空機の衝突のテロで、アメリカの 世界貿易センタービル が全壊します
国防総省も攻撃を受け、約 3000 人の人が亡くなりました。
アメリカは、このテロを起こした 「アルカイダ」 というテロ組織がイラクによって支援されているとして、2003年に再び イラク への攻撃を準備し始めます。
また、イラクが 「大量破壊兵器」 を保有している事を理由に、これを排除するための 「多国籍軍」 の協力を諸外国に要請、再び アメリカ 主導の多国籍軍による 「第二次湾岸戦争」 が勃発します。
第二次湾岸戦争 は 地上侵攻戦 を含む、第一次戦争よりも戦闘期間の長いものになりますが、イラクの各都市は次々と制圧されていき、首都バクダッドも陥落
主要拠点は弾道ミサイルによって破壊され、イラクの政権は完全に崩壊します。
サダム・フセイン(元大統領) は潜伏を続け、しばらく発見されませんでしたが、2003年12月、アメリカ軍によって身柄を拘束されます。
しかし、アメリカによるイラクの統治は、現地住民の反対や、潜伏するテロ組織のテロ行為によってうまく進んでおらず、毎日のように犠牲者が出ています。
そして 2004年2月、日本の自衛隊も、イラクに派遣されましたね。

ここから先は、未来になります。
どんな展開が待っているかは・・・ 日々、ニュースで報じられることでしょう・・・

さて、ここでは中東の歴史について書いてきましたが・・・
実際のところ、中東の人々にとっては、歴史はどうでも良かったりします。
目の前で、知人や同胞、友人や恋人、家族や親族 が殺された。
だから、憎い。 復讐をする。 それだけだったりします。
戦争でどちらがより正しいのかを見極めるのは難しい事です。
アメリカがイラクに侵攻したことで、イラクの多くの人々が死んでしまいました。
しかし、イラクのフセイン大統領はイラクの支配者層を占める 「スンニ派」 と敵対している 「シーア派」 の住民を、兵器の実験のために大量に虐殺したりしていました。
アメリカがイラクに侵攻していなかったら、イラクの多くの人は死んでいなかったかも知れせんが、シーア派の人々は今も虐殺され続けていた事でしょう。
戦争反対を叫ぶのは誰でも出来ます。 戦争が悪い事なのは子供でもわかります。
ただ、戦争は意味なく起こる訳ではありません。
盲目的に 「戦争反対」 を訴えるのではなく、「○○だから、この戦争に反対だ」 と、言えるようになりたいですね。

(このページの記述の一部を転載させて欲しいと言うメールを何度か頂いています)
(このページの内容等は全てフリーで、転載・引用・修正等、自由にして頂いて構いません。連絡は特に不要です)